息子2歳のなつやすみ

夫お盆休みの後は、新幹線に乗って姉の家へ。もう小さい子どもがいない姉の家では、大歓迎してもらえる息子。 お風呂遊びグッズも用意してもらっていて、魚釣りに夢中の息子はお風呂からなかなか出てこなかった。母子夏休みの始まり。

流行に乗っていた

夫のお盆休み、私はちょこちょこ断続的に都内での仕事や用事があったため、去年に引き続き今年も夫と息子だけで夫実家に帰省することになった。 その間にちょうどネットニュースで「父子帰省が流行中」という見出しを見て、思わずクリックして記事を読んだ。…

車をフル活用した休日

お盆休み初日は、前から予定していた家の片付けと買い出し。夫実家から車を借りてきていたので、まずは車でしか行けないディスカウントスーパーへ。 「うわ!これ安い!」「ちょっと!これ見てこんなんある!」と二人で大興奮しながら隅々まで見て回る。 重…

真夏の夜の宴

来京した友達とのおいしいもの巡り、夜はフレンチビストロへ。 彼女が少し前に友人の結婚パーティで行って、何を食べてもおいしかったというお店だったので、期待していた。以下、備忘録的に。まず、お通しで出てきた蟹の入った洋風茶碗蒸しみたいなのが、ひ…

富豪のパフェ

はるばる飛行機に乗って遊びに来てくれた大学時代からの友達と、恒例の(?)おいしいもの巡り。今回は、私よりはるかにグルメなその友達に、東京で行きたいお店をリストアップしてもらった。 そのうちのひとつがここ。汗の止まらない猛暑の中、洗練された店…

summer vacation

「世の中で好きな場所」5本の指に入る空港。 今回は国内線、そして自分が旅に出るのではなく友人のお迎えではあったけれど、せっかく好きな場所に行くので、飛行機到着の一時間ぐらい前に羽田入り。 小一時間、ぶらぶらとウィンドウショッピングをしたり、…

読み終えないと落ち着かない

時々書評とかインタビューを見かけて気になっていた、姫野カオルコ『謎の毒親』。 図書館で見かけたので借りてきて読み始めたら、止まらなくなって、一気に最後まで。そうだった。 姫野カオルコの本はいつも、読み始めたら他のことが気もそぞろになるくらい…

ワースト1の宿

体力維持のため、トライアスロンに年一回出ることを目標にしている夫。 妊娠して以降はさすがに一人で行ってもらっていたものの、今年は夫たっての希望で子連れで同行することになった。 せっかくなら旅行を兼ねてということで、開催地近くの伊香保に宿をと…

築年数のプロ

来年計画しているあるイベントのために、レンタルスペースの見学へ。 古い一軒家を改造した建物で、近年なかなか見ない間取りや造作に、興味津々の見学だった。住宅を見るとなぜか必ず築年数を当てたがる夫のために、レンタルスペースの管理人に築年数をバッ…

快適キッチン道具

最近気になっているメーカーが二つある。 「山崎実業」と「家事問屋」。 その一つである家事問屋の「茹で分けざる」を、先日ついに入手した。ひとつの鍋で茹で時間の違うもの(パスタと野菜とか)を茹でるのに便利、というふれこみ。 だけど、これは出汁をと…

インセンティブ

あと数ヶ月で3歳になる息子のトイレットトレーニング用に、100均でシールセットを買ってみた。幼稚園に入ったらけっこうあっという間におむつが取れると聞くし、そんなに頑張らなくていいかな~と思っていたのだけれど、 最近、息子のトイレに対する新鮮味が…

Waiting for コウノトリ

とある検査のため、眼科を受診。 特殊な検査だったので、紹介状を書いてもらって大きな病院へ行ったのだった。久しぶりに行ったその病院は、息子を産んだ総合病院。 しかも眼科は産科と同じフロアにあって、眼科の端っこにある休憩スペースは、妊婦検診で混…

Four days to the election

「新聞記者」を観てきた。内容的にDVD化されないかもしれないとか、見るなら選挙前に見た方がいいとか、前情報をいろいろとネットで見て、やはり行っておくかな...と。 宣伝も異例なくらいされていないらしいけど、それでも観に行く人がいる、というのを伝え…

Life is short

一年ぶりくらいに、仕事関係の研修へ。 中途半端な時間に始まり、夜まで食べる暇がないので、スープストックで早め&多めのランチ。 豆腐の入ったスパイシーなカレーが美味しかった。二件の研修を掛け持ちして、夜は懇親会という名の接待ごはん。 出なくても…

神経衰弱する息子

息子がある程度の年齢になったら買おう、と楽しみにしていた「メモリーカード」。 トランプの神経衰弱みたいな遊び方をする、絵だけのカードだ。本当は、何年か前marimekkoで見たメモリーカードの絵柄が可愛くてずっと欲しかったのだけど、そこそこのお値段…

ボデガグラスを絶賛するの巻

先日キーマカレーを食べに行ったカフェ。ここでお水が入って出てきたグラス(うっすら後ろに写っている)が、いままさに私が惚れ込んでいる、ボデガグラスだった。前々から気になっていたボデガグラスが、よく行く雑貨屋でsaleになっていたのを見て、これは…

「きのう何食べた?」ロス

4月から毎週すごく楽しみにしていたドラマ「きのう何食べた?」が、とうとう終わってしまった。最終回とその前の回、シロさんの実家が出てくるシーンがとてもいい。 梶芽衣子演じるシロさんのお母さんや、実家の佇まいが本当にリアルで、メインに描かれてる…

さばいてみたい

例年になく梅雨らしい雨続きに加え、外壁工事の足場で室内も暗く、ちょっと鬱々とした毎日。そんな中、たまたま図書館で見つけた新刊『サカナ・レッスン』を借りて読んだら、なんかちょっとスカッとした気分になった。前作『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の…

G-SHOCK(だいぶ長文)

晩ごはんの後、風呂場に干した洗濯物を夫と二人で取り込んでいたら、リビングで一人デザートを食べながらテレビを見ていたはずの息子が、今にも泣きそうなこわばった顔をして、廊下をタタタと駆けてきた。 「なんか、なんか...」と言って、リビングの方を指…

「母はカフェが好きな人だった」

外壁工事が始まって、室内が毎日暗い。 外へ行こうにもお天気が微妙でなかなか出られず、網戸が外されて換気もできない部屋で、息子と二人閉じこもっているのも何なので、ふと思いついて、いつも一人で行くカフェに息子を連れて行ってみることにした。子連れ…

おいしそう

新しい時計が来た。誕生日プレゼントにリクエストした、ミナペルホネンの「bolo」。 ポルトガル語で「ケーキ」という名の時計。 確かに、ふんわりした丸みと生地の質感が、卵ボーロみたいでとってもおいしそう。寝室と引き戸でつながったリビングにはこれま…

団地今昔

前から気になっていた、巨大団地の中にあるカフェへ。結婚前に一度、こことは別の巨大団地を内見しに行ったことがあった。 そのときに初めて、高度成長期に建てられた団地というのを目にしたのだけれど、そういう団地の中には、いろんな市場が集まっている一…

medicine

立ち寄ったカフェで、大好きだった懐かしい雑誌に再会した。 2000年代の後半に出会って、休刊になるまでほぼ毎号読んでいたリンカラン。家事とか、出産とか、時々海外の生活とか、その時々によって特集は違ったけれど、「暮らしの手帖」とも「クウネル」とも…

梅雨とドーナツ

久しぶりに、良いカフェを見つけた。植物園のすぐ横にあるparkという名のカフェ。 以前植物園に行ったときに、外から見てとっても気になっていたのだ。わざわざ再訪しに行ったのは、夫が息子を連れて実家に帰っていたから。 その隙に済ませたい用事はいろい…

バスコロ

趣味と言えることのひとつに、「都内をバスで巡ること」が最近加わってきた。 昔京都にいたときに「バスDEコロコロ」という深夜番組があって時々見ていたのだけど、それにちなんで「バスコロ」と呼んでいる。東京の街は特に、歩いて回るには広すぎるし、自転…

誰かと一緒にいること

テレ東の「きのう何食べた?」を相変わらず楽しみに見ている。直近回は、ケンジの知り合いのゲイカップルが、弁護士であるシロさんに相続の相談をする話で、なんだかとっても心暖まる回だった。ゲイカップルを扱いながら、本質は「誰かと一緒にいること・暮…

週末小旅

三浦半島の先端である三崎に初めて行ったのは、確かちょうど5年前のGWだった。以来、写真を撮りにもう一度ゆっくり行きたいなぁと思っていた。 同じく三崎に行きたい仲間と一年前から調整を重ね(スケジュール合わせに加えて、気候天候もあり)、ようやくち…

都会の異世界

梅雨入り前に子どもたちを連れてお外遊びを、ということで新宿御苑へ。5月で30℃超え。 どうなることかと思ったけれど、御苑は木のあるエリアが多くて、湿気の低い今の季節なら意外に大丈夫だった。苑内を巡っていたら、突如、ジブリの世界に迷い込んだような…

大は小を兼ねない

週末、休みの夫に「夜ごはん(手間がかかるけど夫の好きな)揚げ物作ってあげるから!」と約束し、息子をポイッと託して、朝から一人で雑貨屋さん巡りへ。一軒目はバス乗り継ぎ途中にあるお店で、ちょうど開店直前だったので、先に寄ることにしてオープン一…

自分メンテナンス

妊娠が分かった頃から増え続けている体重。 危機感は常に感じていたものの、妊娠中にダイエットをするわけにもいかず、期待の授乳期は母乳がほとんど出ずに短期間で終わり、以来、子どもの世話の隙間を縫って食べられるときにごはんをかきこむ、運動する時間…