「母はカフェが好きな人だった」

外壁工事が始まって、室内が毎日暗い。 外へ行こうにもお天気が微妙でなかなか出られず、網戸が外されて換気もできない部屋で、息子と二人閉じこもっているのも何なので、ふと思いついて、いつも一人で行くカフェに息子を連れて行ってみることにした。子連れ…

おいしそう

新しい時計が来た。誕生日プレゼントにリクエストした、ミナペルホネンの「bolo」。 ポルトガル語で「ケーキ」という名の時計。 確かに、ふんわりした丸みと生地の質感が、卵ボーロみたいでとってもおいしそう。寝室と引き戸でつながったリビングにはこれま…

団地今昔

前から気になっていた、巨大団地の中にあるカフェへ。結婚前に一度、こことは別の巨大団地を内見しに行ったことがあった。 そのときに初めて、高度成長期に建てられた団地というのを目にしたのだけれど、そういう団地の中には、いろんな市場が集まっている一…

medicine

立ち寄ったカフェで、大好きだった懐かしい雑誌に再会した。 2000年代の後半に出会って、休刊になるまでほぼ毎号読んでいたリンカラン。家事とか、出産とか、時々海外の生活とか、その時々によって特集は違ったけれど、「暮らしの手帖」とも「クウネル」とも…

梅雨とドーナツ

久しぶりに、良いカフェを見つけた。植物園のすぐ横にあるparkという名のカフェ。 以前植物園に行ったときに、外から見てとっても気になっていたのだ。わざわざ再訪しに行ったのは、夫が息子を連れて実家に帰っていたから。 その隙に済ませたい用事はいろい…

バスコロ

趣味と言えることのひとつに、「都内をバスで巡ること」が最近加わってきた。 昔京都にいたときに「バスDEコロコロ」という深夜番組があって時々見ていたのだけど、それにちなんで「バスコロ」と呼んでいる。東京の街は特に、歩いて回るには広すぎるし、自転…

誰かと一緒にいること

テレ東の「きのう何食べた?」を相変わらず楽しみに見ている。直近回は、ケンジの知り合いのゲイカップルが、弁護士であるシロさんに相続の相談をする話で、なんだかとっても心暖まる回だった。ゲイカップルを扱いながら、本質は「誰かと一緒にいること・暮…

週末小旅

三浦半島の先端である三崎に初めて行ったのは、確かちょうど5年前のGWだった。以来、写真を撮りにもう一度ゆっくり行きたいなぁと思っていた。 同じく三崎に行きたい仲間と一年前から調整を重ね(スケジュール合わせに加えて、気候天候もあり)、ようやくち…

都会の異世界

梅雨入り前に子どもたちを連れてお外遊びを、ということで新宿御苑へ。5月で30℃超え。 どうなることかと思ったけれど、御苑は木のあるエリアが多くて、湿気の低い今の季節なら意外に大丈夫だった。苑内を巡っていたら、突如、ジブリの世界に迷い込んだような…

大は小を兼ねない

週末、休みの夫に「夜ごはん(手間がかかるけど夫の好きな)揚げ物作ってあげるから!」と約束し、息子をポイッと託して、朝から一人で雑貨屋さん巡りへ。一軒目はバス乗り継ぎ途中にあるお店で、ちょうど開店直前だったので、先に寄ることにしてオープン一…

自分メンテナンス

妊娠が分かった頃から増え続けている体重。 危機感は常に感じていたものの、妊娠中にダイエットをするわけにもいかず、期待の授乳期は母乳がほとんど出ずに短期間で終わり、以来、子どもの世話の隙間を縫って食べられるときにごはんをかきこむ、運動する時間…

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

夫休みの日、私ひとりで出かけた用事と用事の合間に、姉から教えてもらった「ルート・ブリュック」展を観に今年二度目の東京ステーションギャラリーへ。ルート・ブリュックは陶磁器メーカーアラビア社の専属アーティストだった女性で、フィンランドを代表す…

西伊豆旅行紀(後半)

旅行二日目の朝は快晴。でも風が強かったようで、予定していた堂ヶ島洞窟めぐりは、船が欠航していることが判明。 せっかくなので陸からだけでも景色を見ることにして、ひとまず堂ヶ島方面へ。途中の恋人岬。 カップルで書く絵馬とか、鐘を鳴らすスポットと…

西伊豆旅行紀(前半)

西伊豆へ、十ヶ月ぶりくらいの家族旅行。 レンタカーを借りて行くので、車ならではのエリアに行きたいという私の希望で、東でも中でもなく西伊豆になった。高速を降りて、まずは沼津漁港へ。 最終日だけどGWとあって、まずまずの賑わいだった。 しらす好きの…

駆け抜けたゴールデンウィーク

今年のGWは、例年になく出ずっぱりの10連休だった。前半は息子と二人、新幹線に乗って姉の家へ。 帰ってきた翌日から、一年に一度会えるくらいの友達が、新幹線に乗ってうちへ三日間遊びに来てくれた。渋谷ヒカリエで待ち合わせ、まずは友達念願のスナ・フジ…

夢のスナ・フジタ展

GW中盤は、新幹線で遊びに来てくれた友達との連日お出かけ。初日は、ちょうど会期に当たっていた「スナ・フジタ展」を見に、渋谷ヒカリエへ。 以前、先着販売であっという間に売れてしまって、作品すらろくに見られないことがあって以来足が少し遠のいていた…

令和初日のお狐さま

GW前半は姉の家へ。 平成から令和への年明けは、姉の家で迎えたのだった。令和初日、たまたま前から行きたいと思っていたお稲荷さんまで足を延ばすことに。令和元日(?)の御朱印をもらう長蛇の列を横目に奥へ奥へとお詣りすると、そこは、京都の化野念仏寺…

ママを楽しむ

久々の大都会、六本木。息子と同学年の子どもたち&ママで、「ムーミン展」を見に行ったのだった。都心で働いていた頃はいつでも行ける気軽さがあったのに、動き回る子連れ&大荷物で、電車とバスを乗り継いで...となると、すっかり足が遠のいてしまっていた。…

きのう何食べた?

今期のテレ東ドラマ「きのう何食べた?」が、すごく良い。ゲイカップルの日常を描いたほのぼの系のお話で、 なんといっても、毎回料理のシーンがしっかり出てくるのが良い。西島秀俊の手つきもすごく慣れてる感じで、切り方とか調理の仕方が参考になる。 ト…

アメリのデザート

先日のこと。 ずいぶん昔によく作ったお菓子を久しぶりに作る機会があって、レシピの古~い切り抜きを貼ったノートを見ていたら、20年ぐらい前の自分が書いた、別のお菓子のレシピが目に止まった。大学時代に少しだけバイトした店で教えてもらった、クレーム…

なんてことのない一日

冬に逆戻りしたような、寒い寒い雨の一日。休みだった夫が、仕事用のメガネを新調したいという。 本当なら家にいたい天気の日ではあったけれど、夫とゆっくり出かけられるのが久しぶりだったから、一番近い繁華街までバスに乗って出かけることにした。息子に…

気淑風和(きよくかぜやはらぎ)

日曜日、絶好のお花見日和。 あたたかく、風もなく、花もまだ半分以上咲いている中での、今年のメインお花見だった。知り合った当時ほとんどが独身だった、写真仲間とのお花見。 私も含め、夫や妻、子どもができた人が少しずつ増えてきて、家族連れ含め20人…

道を覚えるにはナビを使わないことも必要だ

図書館で数ヶ月待ちの本がやっと回ってきた。タイトルを見たときに、それそれ!と気になってすぐ予約した『レシピを見ないで作れるようになりましょう』。「はじめに」を読んで、うんうん、そうなんだよねぇ!と膝を打った。 レシピは道案内のナビゲーション…

全部、春のせいだ。

渋谷駅を通ったら、マークシティから銀座線への通路のところで、かなり大勢の人(たぶん外国人)が窓の外を見ているので、つられるようにフラフラと見てみたら。ハチ公前広場の桜が満開だった。久しぶりの渋谷駅では、銀座線のホームがもうだいぶできてきて…

ゆびさきトング

最近使い始めて、その便利さに感激しているグッズがある。 一日で流行語になったレイワ、ならぬ、レイエ「ゆびさきトング」。 前からずっと気になっていたのだけど、 いざ本気で探したら意外に欠品になっているサイトが多かったので、買えるときに買っておこ…

ゆく年くる年

Eテレのおこさま番組、いきなり一斉に出演者交代という、春の嵐。見始めたのは息子が一歳になる少し前くらいだから、たかだか一年半ぐらい。 番組を見せている間はいつも私の家事タイムで、片手間に耳だけ聞いているだけだから、出演者にそれほど思い入れが…

桜が満開になった日

都心部の桜は、今日満開になった。ある件で、紹介状を携えて大学病院へ。 治療というよりは、意見を聞きに行くという感じの受診だった。一日の患者数が数千という大病院。 深刻な病状でもないのに行って、軽くあしらわれたらどうしようと少し不安だったけれ…

リス音頭

「リスの小径」30周年記念のイベントをしているというので、週末は井の頭公園へ。フェイスペインティングで 息子はリスの顔になり(字余り)。 ノリノリで 夫は井の頭音頭(五七五ぴったり)。園内の桜はちょうど見頃で、ザ・行楽な一日だった。

食洗機 その後

昨年秋に使い始めた食洗機。 その後も毎日毎日、便利さを噛みしめながら使っている。最近嬉しかったこと。 手洗いしているうちに、湯垢なのか洗剤カスなのか、かずっと残って消えなくなってしまった黒い器があったのだけど、それが消えてきている!ずっと欲…

櫻センチメンタル

敷地内の大きな木に蕾がたくさんついていて、あ、これは桜の木だったのだと気づいた。まもなく、引っ越してきて初めての桜の季節を迎える。春から息子はプレ幼稚園なるものに通うことになった。 週1日、たったの一時間半だけど、 これまでほぼ私と二人っき…