季節

櫻センチメンタル

敷地内の大きな木に蕾がたくさんついていて、あ、これは桜の木だったのだと気づいた。まもなく、引っ越してきて初めての桜の季節を迎える。春から息子はプレ幼稚園なるものに通うことになった。 週1日、たったの一時間半だけど、 これまでほぼ私と二人っき…

はるの花

スギ花粉症がピークを迎えている。 脱水症状になるんじゃないかというくらいの鼻水が始終出ていて、ずっと口呼吸だから喉も渇くし、目は7割ぐらいしか開いていない。スギのないところに移住したい。数年前、転職のタイミングで3月にフィンランドに行ったら、…

ギリギリ詣で

一月も、もう末。息子のプレ幼稚園の見学会に行ってきた。幼稚園なんてまだ一年先だから、と思っていたら、なんともう既にプレ幼稚園なるものがあって、申し込みの時期が迫っていると知ったのが12月。 慌てて幼稚園情報を調べ出して、いくつか候補の園に見学…

冬と春のあいだ

春野菜たちが出始めた。芽キャベツ、菜の花、スナップえんどう。 根菜が中心だった冬の野菜たちと、少しずつ選手交代していく。この季節になると、いつも「春野菜のパスタ」を作りたくなる。 安くなってきたホタルイカも入れて。母親は料理が下手な人で、下…

親にもなり、子にもなり

ちょうど一週間前。 たまたま通りかかった場所で、その日が成人式であることに気づいた。 式典がちょうど終わった時間。好きだった同級生の○○君がいる。...と、本気で思った。 それくらい、2019年の二十歳の若者は、20年前の二十歳の若者に似ていた。そう思…

梅切らぬ馬鹿の枝にも蕾つき

一家全員、病み上がりの日々。正確に言うと、夫はまだ微熱が続いているよう。 出勤してるけど、大丈夫なのかしら...。大量の洗濯物を干しにベランダに出たら、息子誕生記念の梅の木に、蕾がいっぱいついていた。そろそろ枝を切らないと、と思って結局一年経…

ガレットデロアを食べる日

1月の第一日曜日、夜に用事があって四ッ谷まで出かけた。 寒波が来たのか、予想以上に寒い夜。行く先々で「ガレットデロアを食べよう!」みたいな宣伝文句とともにガレットデロアが売られていて、なんだかすごくポピュラーなイベントになったんだなぁと、ち…

暮れゆく2018

フェリーの中で暮れてゆく、2018年。大人になると毎年「年末感がない」と言っている気がするけど、 こうして写真を残しておくと、必ず「あぁ、これはあの年の年末だった」と思う。 ちゃんと、その時の空気感まで思い出す。だから写真が好きなのだ。

初冬のティータイム

大学時代からの友人が出張ついでに会いに来てくれるというので、お昼ごはんとお茶の準備をしてお迎え。彼女とはひとつ違いで、子どもは1ヶ月違い。 お客さんが来てちょっとはしゃぎ気味の息子を見ながら、彼女の息子の話を聞いたり、もうすぐ引っ越すという…

冬の朝

急に冷え込んだここ2,3日。仕事のため早朝に出る日があって、冬はまだ外が暗いうちに起きる。 エアコンのスイッチを入れて、冷え切っているキッチンで凍えながら、何はともあれやかんを火にかける。 シュボッと音がして青い炎が立つ、その瞬間が好きだ。まだ…

別れた人に会ってはいない

外苑前で用事があったついでに、銀杏並木を見に行くことに。去年もちょうど、何かのついでに見に来たのだった。SNSに上げるんだろうな、という写真があちこちで撮られている。 ざっと半分くらいは外国人という印象。 自撮り棒で並木をバックに。 銀杏の葉を…

ふたりの記念公園

そういえばそろそろ銀杏の季節。 息子が歩けるようになったら行きたかった、紅葉の昭和記念公園へ。ここは、思い返せば実は、夫と初めて会った場所なのだった。改めて記憶を辿ってみれば、もう6年も前。 私が企画した紅葉の撮影会に、夫も来ていたのだった。…

夕立の匂い

突然の雷鳴。 空は真っ暗。光りまくる稲妻を、息子と息を飲んで見ていた。10分ほど激しく降った雨が止まぬまま雷雲が去り、急速に光が射してきた。残されたのは、もわっと立ちのぼる湿気と、埃っぽい雨の匂い。

じめじめ

久しぶりに丸の内に行ったら、あんなに長年あった工事の覆いが取れて、芝生の広場ができていた。夏用の、できれば洗えて、フォーマルにも使えるドレスを探して三千里。 しかしこの日もなかなかいいものが見つからず。最近は、服を買うときとにかく「洗える」…

梅雨とデッサン

アジサイを見ると思い出す夏がある。29歳か30歳の初夏から秋にかけて、時々デッサンを習いに行っていた。 散歩途中に偶然見つけた教室で、単発のレッスンが可能であること、一回の料金が2000円かそこらだったこと、そして何より、先生がフィンランド人という…

薔薇ノ木ニ

義父の三回忌へ。二年前、息子を授かったのと入れ違いのように亡くなった。 ある友人にそのことを話したら、「一族の中で席の数っていうのが決まってて、新しく生まれる人に席を譲る、みたいな考えがあるんだって」という話をしてくれた。5月の爽やかな日曜…

藤棚とクマンバチ

GWは、夫の希望で息子を連れて初めての山登り。と言っても、半分くらいはケーブルカーの旅。 ベストシーズンの連休中とあって、ケーブルカーに乗るまでに小一時間長蛇の列という混み具合だった。少し前に新しくなったというカラフルなケーブルカーに乗って、…

母はインドア派

今年はとにかく、植物たちの開花が早い。 5月のイメージだった藤も、もうたわわに咲いている。息子が公園に通う日々がついに始まった。 息子の体力がついてきて、外に連れて行かないとあんまり寝てくれないから、渋々。体力のない母は、公園タイムが長くな…

桜と大仏

全国的に桜が一挙に開花した週末、 何十年かぶり?の東大寺へ。何度も行ったことがあったけど、これほど満開の桜の季節に行ったのは初めて。大きな古いものを見ると、こころがのびのびする。

ハクモクレン

大好きな春の花が咲き始めた模様。毎年「コブシ」と「ハクモクレン」と「モクレン」が分からなくなるので、好きなものの名前だけ覚えておく。白くて、こんもりしてて、花びらが全部上を向いているのがハクモクレン。

花粉まみれのにちようび

予想以上に晴れて、風の強かった日曜日。 歩き始めた息子を連れて、新宿御苑へ。着く前から鼻がどんどん苦しくなり、頭もボーッ。毎年一日は、「あの日は花粉症が心底辛かった」と記憶に残る日がある。 今年は間違いなく、この日がそれになった。風の強い晴…

月ミチル

春の満月前夜。仕事の研修が終了。 これまでで一番キツい研修だった。体力的にも、内容的にも。

東風吹かば 匂いおこせよ

数年前に知ってから、一度訪れてみたかった羽根木の梅園へ。 公園に着くと、あたり一面、ふんわりとした梅の香りに包まれていた。ちょっとした食べ物もあって、取り損なったお昼をここで食べることに。 まだまだ寒い空気の中、豚汁でほっこり。桜よりも、梅…

梅を待つ

息子が生まれて半年ほどした頃だったか、市の広報に、赤ちゃんの木の苗をもらえるというお知らせがあった。息子の生まれた頃に咲くキンモクセイ、 香りのいい月桂樹、 いろいろ迷った末、梅の木をもらうことにした。 幹が一番しっかりしていそうな苗をもらっ…

小春日和の

紅葉散歩。 井の頭公園は、秋が一番美しい。

もうすぐ師が走る

すっかり冬になった。年末に向かっていく、この季節が好きだ。 日が暮れるのが早くなって、家路を急ぎたくなる季節。 あたたかいココアを飲みたくなる季節。

白く光る場所に

紅葉の井の頭公園。たまたま吉祥寺に用があって来たところ、公園周辺に警官や警察車両、公的な職員らしき人たちがたくさんいて、なんだか普通でない雰囲気。勇気を出して警備の人に聞いてみたら、なんと、井の頭公園に天皇皇后両陛下がいらっしゃっていると…

マジックアワー

木枯らし1号が吹いた今日。

あめあめあめ

降り続く雨の中、投票へ。 三年ぶりの衆議院選挙。今日の外出はそれだけで、あとはひたすらおうちにこもる。あめあめあめあめ... ひらがなで書いているとゲシュタルト崩壊してくる。

あきまつり

息子に御輿を見せに行ってやれと夫がせっつくので(夫は仕事)、重い腰をあげてお祭りへ。夕方になると蚊が出るし人出も多そうなので、暑いけど昼間に息子を連れ出すも、お昼寝タイムと重なってろくに見てやしない...。とりあえず御輿と出店の証拠写真を撮っ…