子育ては追体験

子どもがいなければ長い間忘れがちなもの。義母の古稀祝BBQにて。 息子のハトコたちと一緒に、夏の思い出。

アナログ回帰

赤ちゃんがいる生活になって、手洗いの回数が格段に増えた。オムツ漏れ。 食べこぼし。 どちらも早めに洗わないとシミになるし、洗濯機でぐるぐる回すだけではなかなか落ちない。というわけで、フレディ・レックの洗濯板を導入することにした。本当は、それ…

もういない

ちょっとした検査で、妊娠中以来の腹部エコーを受けることになった。お腹にジェルを塗られていたら、何度も通った妊婦検診を思い出した。いつも毎回、少しドキドキしながらエコーの画面を見つめていたこと。 お医者さんによっては黙ったまま機械だけカチカチ…

おしょくじかい

夫の上司との食事会へ。乳児同伴だからと取ってくれた個室の座敷は思いの外の高さで、とってもいい眺め。 この眺望なら自分たちでもまた来たいなと思うぐらい、いい眺めだった。息子はいつも通り遺憾なく食欲を発揮して、分けてもらった茶碗蒸しにパクついて…

旅の終わり

空港リムジンバスで高速道路を走る。昔から夕暮れ時のドライブが好きだ。 まだ少し明るさの残る空に街灯が流れていって、カーブに差し掛かるとテールランプの列が見える。 それらを見るともなく見ていたらいつのまにか眠りについて、気づいたら家の近く...と…

ファーストフライト

息子の飛行機デビュー。心配していた機内の時間は、アテンダントさんたちがこまめに気にかけてくれて、安心して過ごすことができた。 「初めての飛行機なんです」と言ったら「あら~!」と笑って、「お名前は何ていうんですかー?」とあまりにもさりげなく聞…

昔の名前で出ています

灼熱の京都。ひと月つづく祇園祭の最後の日。暮らしていた場所から、通う場所になり、たまに訪れる場所になって数年。 少しずつ知らない店が増えていき、知っている店は離れてからの年数ぶん、歳をとった。いちばん長くつきあった、昔の恋人みたいな町。

いつもの朝

9ヶ月の息子を連れて、初めての二人きりホテル泊。何度も脳内シミュレーションはしてたけど、予想以上に大変だった...。予想を超えて動くようになってしまった&ひどい場所見知りが始まったというのが大きいけれど、 離れない息子を抱えたり足元にまとわりつ…

めきめき成長中

旅先の子育て広場へ。かなり充実した施設で、息子も存分にハイハイ。 旅の前よりだいぶ足腰が強くなってきた。

良カレーは身体に暑し

なんとなくオサレスポットが増えつつあるのかな...?な蒲郡の、美味しいカレー屋さん。ちゃんとスパイスを使ったカレーは、そこまで辛くないのに汗が噴き出る、の法則。

うまぱん

パン屋さんの空間が好きだ。夕方でもうだいぶん種類は減っていたけれど、 おいしいカレーパンやフルーツデニッシュや、すぐ食べる用のカツサンドを買って帰る。おいしいパン屋さんの近くに住みたい。

肉汁ニク充

静岡限定のハンバーグファミレス「さわやか」へ。つなぎが少なくて、焼肉食べたぐらいの満足感が得られる、にくにくしいハンバーグ。臨月に食べ納めして以来10ヶ月ぶりのさわやか、やっぱり他で得られないニク充っぷりだった。

いっぽんめ

息子の精神安定剤、ママの指ちゅぱちゅぱ。いつものように指を与えていたら、指先に何度か硬い感触。 ついに歯が生えてきた。

どようなぎ

浜松は三ヶ日の、人気うなぎ屋さんへ。うなぎにはそこまで執着ない方だけど、ここのうなぎは確かに後を引く美味しさ。初めて連れてきてもらった十年くらい前には、まだほんとに普通のお店で行列ができるなんてこともなかったのに、 いまや計画なく行ったら、…

子連れフレンチ

マリメッコ村の一画で、おこさま連れランチ。マリメッコ村、全体に可愛いしスタッフの愛想もいいのだけど、 ハード面で赤ちゃん連れにあまり優しくなかった点が唯一残念。広い敷地内にオムツ替えできる場所が一ヶ所しかなく、しかもとっても狭い。 ランチの…

マリメッコ駅

掛川からローカル線で、コトコトと緑の中を抜けて行く。降り立ったのは、フィンランド?

母子なつやすみ

息子を連れて、初めての長期おでかけ。 しかも保護者は母ひとり。二泊ぐらいはあったけれど、今回は一週間以上。 初めてのホテル泊もあるし、初めての飛行機にもチャレンジするしで、母はドキドキしています。

三度目の夏

夫の故郷を訪れる、三度目の夏。一度目の夏はお義父さんがいた。 二度目の夏にはお義父さんがいなくなってしまって、代わりに私のお腹の中に人がいた。 三度目の今年は、お腹から出てきた小さい人を連れて。

東京

初めて一人で東京に来たのは大学受験の時で、 どこに泊まったのだったかはさっぱり覚えてないけれど、JR線から見たお堀の風景が、長らく私にとっての「東京」の景色だった。市ヶ谷の釣り堀は、二十年前の記憶の景色とほとんど変わっていなくて、古いアルバム…

カレーならず

IKEAでカレービュッフェ500円なるものが行われているのを聞きつけて、夫と勇んで乗り込む。が、なぜか超絶不機嫌な息子をカートに乗せるのにもたついているうちに、なんとレストラン前で「本日分の整理券は完売しました」のアナウンス...。平日なのに。 開始…

はつうみ

息子が見た、初めての海。寝起きでボーッとしていたし、見えていたのかいなかったのか。太平洋の光が好きだ。 どこかさびしい日本海の色も、悠長な瀬戸内の波も好きだけれど、 太平洋の白い光は、やっぱり格別なのだった。

旅の相性ふたたび

久しぶりに夫も一緒の小旅行へ。新宿からロマンスカーに乗り込み、西へ西へ。 都心の風景から、多摩川を越え、だんだん緑豊かな景色に移ろっていく。初めはロマンスカーでなく普通に行くつもりだったのだけど、 子連れ旅の便を考えて、急遽ロマンスカーを予…

プリズンブレイク

今度はきちんと椅子で蓋をしたのに、数時間後あっさり脱獄されていた。

攻防

ふと見ると、赤子エリアから息子が這い出してきていた。。...ハァ。

縦のものを横にする

ズリバイを始めた息子用に、夫が柵設置。 私が何年も前に使っていた突っ張り棚を利用。考えたな~。

それもまた楽し

「だいぶ遅くなったけど...」と、親しい友達が出産祝いを送ってくれた。遅くなったついで(?)に、8ヶ月経った今の時点で何か欲しいものある?と訊いてくれたおかげで、出産直後だったらもらわなかっただろうなという食器をリクエスト。時期をずらしてもら…

燕三条への信頼

ハチミツスプーンを探していたら、普通のぐるぐるした形状と違う、ちょっと変わった形のものを偶然発見した。 パッケージを見ると、新潟の燕三条で作られたもののよう。燕三条への信頼が厚い私としては、見過ごすわけにいかない。 普通のぐるぐるスプーンよ…

梅雨の合間に

今の街に住み始めて2年近くなるのに、全然気づかなかったお店。期せずしてできた、ほんの少しのひとり時間。 次はいつ行けるかわからないから、そそくさと駆け込んでおやつタイムと相成った。

研修だ これは何かの研修だ

三回食になるのを前に、市の離乳食講習へ。会場に敷かれていた子どもマットに放牧するも、15分ぐらいでぐずり出し、残り45分ずっと抱っこで講習を受ける母。 しかも座ったら大声でブーイング。 何の罰ゲーム?そして肝心の離乳食。 「これは優等生のお食事で…

自分に戻る時間

夫が休みの日。 所用で私のみ外出、前後を含めて数時間、ひとりの時間だった。周りにどんなに多くの知らない人たちがいても、子どもや夫と離れている間はひとりの時間だ。 満員電車に乗っている時間ですら、心は自由だ。頭の中は自由にいろんなことを考えて…