読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW WORLD

f:id:coffeesofa:20170302082925j:plain

息子は少し大きくなり、外の世界にも少しずつ興味を示し始めた。

新生児からしばらくの間は、外に連れて行っても寝てしまうだけだったから意味がないような気がしたけれど、
今は時によって人に興味も示すし、周りの音に耳を澄ませている様子もある。

子育て広場のようなところにも、少しずつ顔を出し始めた。
同じ月齢くらいの赤ちゃんを持つお母さんを見ると、何かもうそれだけで安心して、駆け寄りたくなる自分がいる。
子どもがいなかったときには、そういう「駆け寄りたくなるような」感覚は、たとえ自分と共通点がある人がいたとしてもまったくなかったような気がする。
これはいったいどういう心の動きなんだろう。

1月2月と、何回か連続の子育てグループに参加していた。
最終回の先日、
月齢の近い二人のお母さんと、連絡先の交換をした。
あたたかくなったら、近くの大きな公園に一緒に行きましょうと話して解散した。

母は今、新しいつながりを求めて手を伸ばし始めている。