読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のふち

f:id:coffeesofa:20170320135914j:plain

赤子の爪は毎日伸びる。

生まれたばかりのとき、夫と私のどちらにも似ていないと思った華奢な細長い指は、
あっというまにプクプクになって、だんだん私の小さいときのようになってきた。


おさなごの指を押さえてこの淡き小さき世界のふち切り落とす  (俵万智)