つゆだく

長男を幼稚園に見送った後、数時間のフリータイム。春は花粉症、夏は猛暑、でなかなか出かける気にならない私にとって、そろそろ一番お出かけしやすい季節がやってきた。 長男が今の次男くらいのときはよく児童館に連れて行っていたのだけれど、このご時世、…

家族のグルメ

テレ東のドラマが好きで、いつしか夫も巻き込み、毎期なにかしら家族で見るようになった。 今見ているのは「孤独のグルメ season9」と「サ道2」。 どちらも、前シーズンも家族で見ていたものだ。「孤独のグルメ」は、season9のスタートに先立ちこれまでのも…

陶器市の思い出

結婚前に、夫と益子の陶器市に行ったことがあった。 東京に来てまだ五年も経たない頃、益子が東京から見てどのへんにあるのか、どれくらいの距離なのかも、まだよく分かっていなかった頃だ。秋の連休に催された陶器市は予想をはるかに上回る混み具合で、何時…

テラ男の再婚

うちでは、パソコンのデータ(大量の写真を含む)を外付けハードディスクに保存しているのだけれど、そのハードディスクにも①ひとまずバックアップする用のものと、②最終バックアップ用の2種類がある。 ②の最終バックアップは夫が半年に一度ほど時間をかけ…

エイジングを楽しむ

三年前に新調したフッ素加工のフライパンが、どうも焦げつきやすくなってきた。 確かにここ三年ほどフライパンの使用頻度が増えていて、それに伴い「やっぱり鉄のフライパン欲しいなぁ」という気持ちが高まってきていた。実は、鉄のフライパンは結婚してから…

ある戌の日に

妊娠中に夫が買ってきた安産御守を返しがてら、神社に御礼参りへ行ってきた。夫は私が知らないうちに行っていたから、私がこの神社に来るのは初めて。 意外に人が多くいるなと思ったら、たまたまその日は戌の日だった。 妊婦さんとその夫、そしてどちらかの…

育児ワークショップ

キンモクセイが香っている。例年よりずいぶん早い気がする。 去年も少し早いなと思った記憶があるけれど。 季節がどんどん前倒しになってきている。ずっとやらなくちゃやらなくちゃと思っていた幼稚園の雑巾作りを、ついに決行した。 去年はIKEAで3枚一組ぐ…

ほっかいどうのおかし

大好きな六花亭が、お得な送料でお菓子の詰め合わせを送ってくれると知ったのは7月のこと。 ちょうどその7月のセットに保冷バッグのおまけがついてくるというので、これは!といそいそ申し込んだ。ただし大人気で届くのは9月。 その、待ちに待った保冷バッグ…

頭から湯気

仕事で必要になった、ある講習会へ。 無料なのはありがたいけど、お知らせが来たのが直前で、急いで一時保育を予約。 朝からバタバタ準備して、長男を送り出し、次男を一時保育に連れていき、講習会を受け、次男お迎えまでの小一時間、ようやくひと息。こん…

尊い日常

長い夏休みが終わり、長男を見送って次男とまったり過ごす午前中が戻ってきた。 バス停から帰ると次男に離乳食を作って食べさせ、おなかが満たされてご機嫌になった次男を赤ちゃんコーナーに転がし、私はカフェオレを飲んでひと息。 朝つけたチャンネルのま…

去りゆく8月

なかなか出かけられず、どうなることかと思った夏休みもついに最終日。 ちょこちょこ近場に出かけたり、家でシャボン玉をしたり、たまった録画を一緒に見まくったり、幼稚園の夏期保育を利用したりして、意外となんとかなった...というのが最終日の感想。明…

台湾行きたい

出先でお昼ごはんのタイミングになり、どこかないかなと探していたら、いつもよく行列ができているお店が珍しくガラガラだったので、ためしに入ってみることにした。 メニューを見てみたら、台湾料理と甘味のお店。 見ていたら急に小籠包が食べたくなって、…

潮風読書

『火山のふもとで』から始まり、『沈むフランシス』『優雅なのかどうか、わからない』『光の犬』と全作楽しみに読んできた、松家仁之の新刊。これまでの四作の舞台は、軽井沢、北海道、吉祥寺、北海道、だったから、今度も東京か北国かと思っていたら、意外…

魂のきれいな人

旅に行けない日々が続いている。 一年に二度くらい、いや一度でも、日常とは違うひらけた風景の中に行くことで、深々した呼吸を取り戻してきた私にとって、ここ最近はなんだかずっと、狭い水槽の中で口をパクパクしてる金魚みたいな気分だ。ずっと遠くのひら…

カバンの中身

ずーっと迷っていたバッグインバッグ。 何度か見送ったのち、半年以上前に「ちょっと高いけどやっぱりこれがいい気がする!」と決めたときには品切れだった。 入荷待ちメールを設定していたら、先日ついに入荷お知らせメールが来たので、今度こそ品切れにな…

Happy first birthday

真夏の出産から、一年が経った。丑三つ時に陣痛が来たあの日のこと、まだまだ鮮明に覚えている。 coffeesofa.hatenablog.com初めての出産よりも、二人目の出産の方がより詳しく覚えているのは、直近の記憶だからというばかりでもない気がしている。 一人目の…

midsummer night

コロナ生活になってから飲食店のテイクアウトがかなり充実してきたけれど、あまり利用することのなかった我が家。 同じメニューならお店で食べたいし、お店で食べられないなら近所のスーパーやお惣菜屋さんでいいか、となるのでなかなか利用機会がなかったの…

childhood

夫のお盆休みが始まった。 期間は一週間。 今年は遠出しないとはいえ、やっぱり夫がいると大人の手が増えて楽だし、子どもは子どもで遊んでもらえて嬉しいしで、ようやく寛いだ「ザ・夏休み」という感じがしてきた。お盆休み最初のイベントは、仲良し家族と…

桃のぜいたく食べ

結婚した友達へのお祝いに贈ったクチポールのカトラリー。 おめでとう そしてこれから待っている素敵な日々 - 珈琲とsofaのあるところお祝いに贈ったのと同様、うちにはスプーンとフォークしかなかったのだけれど、選ぶとき久しぶりに他のラインナップを見て…

夏の日、美容院デート

所用で朝から電車。 下りの各停はとても空いていて、車内が夏の光だった。午前中に用事を済ませ、いったん帰宅したあと、在宅仕事の夫のために、夏休み中の長男を外に連れ出すことにした。 まずは一緒に美容院に行って、かなり伸びた髪の毛をカット。 ここ一…

背徳の在宅勤務

緊急事態宣言中で、三回目の在宅勤務。いつもは長男は園バスで幼稚園だけど、今は夏休み中だから自分で送って行かなくてはならない。 長男は幼稚園、次男は一時保育で預け時間が違うので、長男送り、次男送り、二人お迎えと、家からなんと三往復。 そのうえ…

おうち夏休み二年目

桃長者になって以来、桃の剥き方もだんだん上手になってきた。 アボカドみたいに、皮付きのまま半球型に切れ目を入れてぐるっとねじると、きれいに上下に分かれる。 それで断面側から皮を剥くと、(適度に熟れた桃限定だけど)ペロ~ンときれいに剥けるのだ…

あっという間に帰ってくる

幼稚園は夏休みに入ったものの、7月いっぱいは希望者だけの夏休み保育。 行き帰りのバスもちゃんと運行してくれていて、ありがたいことこのうえない。とは言え、午前だけの保育。 長男を送り出して、次男にごはんを食べさせ、朝ごはんの片付けをして洗濯を2…

夫の見たヴィジョン

うちの夫はいわゆるリアリストで、「実体のあるもの」に関心があるタイプだ。 普段はITとか経済とか何かの技術とかの話が多く、本も実用書とかビジネス書ばかり読んでいる。 スピリチュアルとか精神世界とか夢のお告げとか、そういう世界とはかなり縁遠いと…

廻る夏休み初日

夏休みが始まった。去年は5月末までコロナ休園の代わりに夏休みに入るのが遅かったし、入ったら入ったで出産時期と重なって、入れ替わり立ち替わり身内に来てもらったりしていたから、幼稚園に入ってから初めての家族だけでの夏休み。 本当なら帰省とか旅行…

桃と水ナスの結婚

毎年この時期に、夫の親戚が桃を送ってくれる。 行きつけの桃園から直送されてくる、箱いっぱいのピカピカの桃だ。関西育ちの私にとっては、桃はめったに食べられない高級フルーツ。 その稀少さのせいか、一番好きな果物はずっと桃だった。 桃といえば関西で…

おめでとう そしてこれから待っている素敵な日々

20年来の友人が結婚した。知らせを聞いたのは、入籍から少し経った5月末。 もともと離れた場所に住んでいるから、年に一回ほど、どちらかが新幹線で近くに行くときに会える程度だったのだけれど、ちょうどコロナが始まる頃に会う予定だったのがなくなったか…

電車でGO

久しぶりに夫と私どちらにも予定がなかった週末、子どもたちが楽しめるどこかに行こうという計画が急遽持ち上がった。 本当は屋外の近場を予定していたのだけれど、あいにくの雨予報。 郊外方面で、どこか屋内で遊べるところ...ということで、前から一度行っ…

絵本をひらけば雪の日

今朝は起きたらすごい湿気で、耐えきれず朝からエアコン。 「涼しくしたから早く起きといでー」と長男に声をかけると、「きょうはまるちゃん、あついからまたよるゴロゴロしちゃったよー」と言いながらすんなり起きてきた。 最近長男は、シーツの冷たいとこ…

一緒に年をとるやかん

四ツ谷に出たついでに、柳ショップへ寄ることを思いついた。 柳宗理のプロダクトが置いてある、事務所兼のお店だ。初めて来たのはまだ東京に住む前だった。 その頃は、このビルにはもっとレトロな看板がかかっていた。 十年以上前のことだ。今回はたぶん四年…