北海道旅行記②二日目前半 遊園地と大雨BBQ

今回のルスツリゾート宿泊目的のひとつは、遊園地に行くこと、そしてもうひとつは、ちょうどルスツリゾートが会場になるお祭りに参加すること。 「うまいもんまつり」という小さなフェスが開催されていて、芝生広場で豪華なBBQをしながら、北海道ゆかりのア…

北海道旅行記①一日目 空の移動と陸の移動

夫が9月に長期休みを取れることになり、急遽六日間の旅を企画したのが先月のこと。 そこまでまとまった連休はなかなか取れないので、行き先はおのずと遠くにしようとなり、一度長男を連れて行ってあげたかった北海道にすんなりと決まった。北海道が好きで何…

寄る年波

ここ一年ぐらいだろうか、なんだか髪の毛の決まらなさが気になるようになってきた。 髪型もあるだろうけれど、たぶん根本的には加齢。 これまでと同じようにしているのに、朝起きたらなんかどうもいまいちだなぁという日が増えて、髪の毛のセットに時間と手…

やっとひと息

8月の末から夫が休みを取り、所用で一週間ぐらい実家に行くことになった。それに伴い、ワンオペで子ども二人は大変すぎるというので、二人のうちどちらかを夫が連れて行くことに。まだ私と離れたことのない次男を長期離すのはいろいろ不安要素があるので、…

玉子焼き考

念願の、銅製の玉子焼き器を手に入れたのは半年以上前のこと。ふるさと納税の期限が迫り、いくつか残った最終候補から玉子焼き器を選んだのは、ここ二年、息子のお弁当作りで出番が増えたからだった。 ずっとT-falのフッ素加工を使っていたのだけれど、T-fal…

灼熱のアンパンマンミュージアム

二歳になった次男のために、家族で横浜アンパンマンミュージアムへ出かけた。長男が二歳のときにもアンパンマンミュージアムへ連れて行って、それまで見たこともないような大喜び顔が見られたから、次男も同じように...と思ったのだけれど。 アンパンマン大…

謎のウッシャマ

真夏に生まれた次男が、二歳の誕生日を迎えた。 あの、出産前後の永遠に続くような暑くけだるい日々を、毎年懐かしく思い出す。次男はおえかきが好きで、最近、丸や曲線を描けるようになった。 歌や躍りも大好きで、音楽がかかると自然に体がダンスのような…

かかりつけ美容院に出会うまで

約一週間のお盆休みは、近場にちょこちょこ出かけつつ、基本的には家でゆっくりの日々。 買い物も単身ではなかなか行けないので、子どもたちを夫に任せて、ドラッグストアや無印へ。 普段は必要なコーナーしか行けない店内を心ゆくまでゆっくり見た後、お気…

美容院選びに歴史あり

いつも読んでいる方のブログに触発されて、今日は美容院の話(めっちゃ長くなってしまった)。上京して数年後に結婚し、長男が産まれてからもしばらくは、独身の頃と同じ美容院に通っていたのだけれど、長男が幼稚園に上がるくらいから、美容院どうしようか…

ウォーミングアップ家事

とれまくる夏野菜の処理に追われる日々。 糠漬け、カレー、ラタトゥイユ、さらにホットクックを駆使して揚げ浸し風の煮物を作っておいて、半田麺にかけて食べる、というのが最近のお気に入り。いったんスイッチが入ると一気に処理が進むのだけれど、スイッチ…

curry summer

月に一度くらい朝通る道に、小さなカレー屋の看板を見つけたのはもう半年ほど前のこと。 メニューも何も出ていない、古びた板にいい感じの字体で店名だけが書かれている。 うまく行けば帰り道、お昼時にも通るのだけれど、違うルートで帰ることが続いて、よ…

新入り、スタメン入れ替え

オンラインショッピングで物欲が高まっていたところへ、姉から「marimekkoの食器がセールになってるよ」との情報が入った。 見ると、うちに一枚だけある四角い小皿のシリーズ。 ちょうど、いつか買い足したいと思っていたシリーズだ。もともとなぜ一枚という…

モンベる

モンベル会員の夫から「会員先行セールが始まるよ」というお知らせを受けたので、特にお目当てのものがあったわけではないけれど、オンラインショップをちょっと覗いてみることにした。 そういえば「ソックオンサンダル」というサンダルが前からちょっと欲し…

もえろよもえろ

コロナ禍元年に入園した長男は、様々な幼稚園行事がことごとく中止・延期・縮小になり、以前通りに開催された行事はほとんどない状態で、年長を迎えた。 感染状況が少し落ち着いていた(?)春頃には、年長の一大イベントであるお泊まり保育は開催予定だった…

銀座帰りは町中華

7月に入ったあたりから、毎日が本当に飛ぶように過ぎていく。 幼稚園の短縮保育で子どもが家にいる時間が長いからなのか、畑で野菜がとれすぎてしょっちゅう調理に追われている(&収穫にも行く)からなのか、はたまた他の理由か。 さっぱり分からないけれど…

大人と子ども、森へ行く②

寝不足で起きた朝は、みんなで豪華な朝ごはん。ほぼすべて地元の市場やスーパーで買ったもので、到着二日目にして身体の組成が現地仕様に入れ替わっていく気がした。 こういうのが、旅の楽しさのひとつだ。この日のメインは、森の中のBBQ 。うちに6年もの間…

大人と子ども、森へ行く①

三連休、ずぅっと前から楽しみにしていた、友人家族との初めてのお泊まり旅行へ。 ここへ来て爆発的に増えてきた感染状況に恐れをなし、直前数日は用心のため幼稚園を休ませて臨んだほど、夫が楽しみにしていた旅行なのだった。行き先は、友人ご実家が所有す…

巡り巡る夏野菜

夏野菜がとれまくるので、近所のお料理上手マダムAさんにしょっちゅうお裾分けをしている。 時々それがおかずになって返ってきて、この夏は食卓が豊かだ。この間は、逆にAさんが「畑をやっている知り合いから安く買っているから、よかったらどうぞ」と、枝つ…

マーヴェリック

午前中いっぱいかかる予定だった所用があっけなく終わり、突然の潤沢な一人フリータイムが発生した。 予定では、用事のあと一人ランチ、延び延びになっていた免許証の更新、その後少しだけフリータイムがあったあと、家にいる夫が子どもたちを連れて合流、の…

夏野菜が渋滞している

梅雨が明けると夏野菜たちがますますすごい勢いになり、連日なす、きゅうり、ピーマン、万願寺とうがらしと格闘する日々。 特にきゅうりは消費が追いつかず、酢の物はもちろん、梅肉かつお節あえ、中華風ピリ辛漬け、炒めものに冷麺(冷やし中華)と、毎日何…

冷麺冷やし中華問題

関西出身の私と関東出身の夫。 時々何かで、お互い譲らない呼び方がある。「今日マクド行ったらさぁ...」 「マックね」 「いや、マクドな。ほんでマクド行ったらめっちゃ混んでて...(夫がまだ「マックね」と言い張ってるけどうざいので無視して話を進める)…

タンタン麺と虹色のアイス

私の誕生日を数日過ぎた頃、息子が「ママ、これあげる」とお手紙を持ってきた。 「ままえ」と書かれた手作りの封筒を開けると、中にイラスト付きお手紙とケーキの絵。 ままえ いつもいしょうけんめいごはんをつくてくれてどうもありがとう ままがすきなゅち…

アグリカルチャーな夏

結婚前後の一年弱、夫と一緒に畑に通っていた時期があった。 農に興味があった私が誘って、隔週、片道2時間かけてある農園に行き、いろいろなことを教わっていたのだ。 一度メンバーになるとその後もずっとそこの畑に出入りできるから、今でも通いたい気持ち…

初夏の法事

週末は、義父の七回忌だった。六年前の初夏に亡くなった義父は、あと数ヶ月で見られた初孫の顔を知ることなく逝った。 76歳だった。 たまたま、滅多にない夫の関西出張中に「お父さんが倒れた」という連絡が義母から入り、予定では一週間程度だった出張を途…

高齢出産と時間

Yahoo!ニュースを見ていたら、お笑い芸人の横澤夏子のインタビュー記事が出ていて、その見出しが「『飛びつきたい仕事なのに…』子育てとの両立に悩みも 目標を2035年にする理由」というあまりにも気になるタイトルだったので、思わずクリックしてしまった。 …

マイナーチェンジする夫

洗濯物を干していたら、一ヶ所だけ洗濯バサミが割れていたところが直っているのに気が付いた。 あれ?ここ、壊れてたはずなのに。すぐに、夫の仕業だと気づいた。 夫はこういう、一ヶ所だけ壊れているとかが、なぜか放置できない性格なのだ。 私は、何十個か…

人生にいつもあるとは限らないもの

何ヵ所かで見て気になっていた本が図書館にあったので借りてきた。 上田信治という人の『成分表』。 表紙がマヨネーズ。まだ読み始めたばかりなので分からないけれど、なんだか不思議な雰囲気のエッセイ集だ。 著者が俳人ということもあるのかもしれない。 …

5歳7ヶ月

最近の長男の記録。ひらがながひと通り読めるようになって、文字を使った遊びができるようになった。 かるた、すごろく。 写真は、五味太郎のカード遊び「しりとりぐるぐるカード」をしているところ。 しりとりするようにうまく並べていくと、カードがぐるっ…

居酒屋にあったら絶対頼んでしまうもの

晩ごはんを食べながら、ふと思いついて「居酒屋でメニューにあったら絶対頼んでしまうものって何?」と夫に聞いてみた。 その日のメニューは春巻き。 私にとって春巻きは「居酒屋でメニューにあったら絶対頼んでしまうもの」の筆頭なのだ。夫は少し考えて、…

2022銀座線渋谷駅

渋谷から久しぶりの銀座線。M字カーブの天井は、もうすっかりおなじみの景色になっている様子だったけれど、いまだに私はもの珍しくてキョロキョロしてしまう。 何年か先の完成予想図を見せられているような、何とも言えない慣れなさ。四年と少し前に、ほぼ…