よるくまに会いに

甥っこが幼稚園児だった十ウン年前、会いに行くたびに何かちょっとしたおみやげを買って行っていた。 その頃、何で見つけたのか忘れたけれど気に入って買って行き、以降甥っこはもちろん、私や姉の間でもずっとロングヒットしていた絵本『よるくま』。 絵本…

匂いはタイムカプセル

朝夕、幼稚園バス停までの送迎に蚊が出るようになった。 去年までは虫除けスプレーで対処していたけれど、そういえば夏の終わりに雑貨屋さんで携帯蚊取り線香を買ったのだった、と思い出した。 小さい渦巻きが入れられるサイズの、ベルト通しなんかにぶら下…

退化した夫の台所

二年ほど前に始まった、夫が食事を用意する日。 coffeesofa.hatenablog.com 一年前ぐらいまでは約束した形で続いていたのに、いつのまにかなんとなく形が崩れてきて、予告なく「今日なにか作ろうと思ってるんだけど」と当日にいきなり言われるようになってい…

発酵生活

自家製ヨーグルト第二弾は、作ったヨーグルトを種にした、名づけて「まごグルト」。これが、また味が違った。 自家製ヨーグルト第一弾(=子グルトとする)より、酸味がかなり強く出たのだ。 最初に種にした市販のヨーグルト(親グルト)よりも酸っぱい感じ。…

4歳のボキャブラリー

最近の長男の記録。去年は触れもできなかっただんご虫に、今年はハマっている模様。 梅雨時はそのへんにうじゃうじゃいるから、見つけるたんびに「あ、だんごむし!あ!ここにも!」と、バス停までの道が全然進まない。 先日は「ねぇ、○○くん、だんごむしい…

家族の風景

幼稚園バス停の行き帰りに通る道に、大きな枇杷の木がある。すごくたくさん実がなる木で、これが枇杷の木であることに去年気づいて以来、とりたいなぁと思い続けているのだけれど、とるには枝が高すぎる。 毎日長男と見上げては「とりたいねぇ。とれないねぇ…

時を重ねる

表参道に行ったのは、もうすぐ迎える自分の誕生日プレゼントを買うためだった。 去年は欲しいものがなくて特に何ももらっていなかったのだけれど、今年は「これが欲しい!」というものが明確に出てきたので、夫にリクエストしたのだ。それがこれ。アルネヤコ…

2021年初夏の東京

定点観測、お茶の水。この日は所用の後、千代田線の駅までてくてく歩く。 久しぶりの、都心散歩。ここはいったい何だろう。 以前はたぶん、何かの陰になって見えなかった建物だ。次の用事のため表参道に移動して、ゴーッという音に空を見上げると、いろんな…

つかまり立ちはじめました

9ヶ月の次男、ハイハイコーナーを作ったらすぐにハイハイを始めた。 と思ったら、そこから2週間でもうつかまり立ち。それも、最初のグラグラした状態から、一日しないうちに急にしっかりしたつかまり立ちになったからびっくり。 前日の夜遅くに、ベビーベ…

服が増える原因

仕事用の服をいくつか買いに行った。 メインは夏用のパンツで、よく行くお店に試着をしに行ったところ、他に「おっ」と思うTシャツがあったので一緒に試着。 私は肩幅があるから合う形のTシャツを見つけるのが昔から難しいのだけど、それに加えて年齢が上が…

入園して一年

年中になった長男の個人面談があった。年少のときの担任二人のうち一人が今年も受け持ってくれているので、去年からの成長をいろいろと教えてくれた。 去年指摘された課題(自分の思い通りにいかなかったときの行動)が改善されて、「すごく成長しました」と…

こりごりリモート

先日は、初めてのリモート勤務だった。 skypeは昔使っていたけどzoom はほとんど使ったことがなくて、まずは事前にzoomの設定から。 説明書を見ながら職場の有料版zoomに登録して設定して...という慣れない作業が億劫すぎてずっとやっていなかったのだけれど…

湯上がりっぽい女(ひと)

今期のドラマ、なんとなく一番気に入って見ているのが「生きるとか死ぬとか父親とか」。 同じテレ東の好きだったドラマ「きのうなに食べた?」とどこか通じるほのぼの・ほろ苦感があって、いつのまにか毎週一番楽しみにして見るようになった。吉田羊のうまさ…

低温発酵

一年近く前に買って以来、ずっと活躍しているホットクック。 レシピ集を眺めていたらふと、使ったことのない「低温発酵調理」機能が気になってきた。作れるものは、甘酒、塩麹、ヨーグルト、味噌などなど。 どれも「手作りしてまで...」と思っていたのだけれ…

「自分をまとめる時間」

夫が家にいる平日、次男を家に置いて、長男の幼稚園お迎えがてら、ちょっとずつ自分の用事を済ませたり息抜きをしたりする。先日は隙間時間にフラッと雑貨屋に立ち寄って、『きんぎょがにげた』の巾着袋とメモ帳を発見。可愛いメモ帳って、中高時代はものす…

ハイハイしそうでまだしない

久しぶりに、赤子とゆっくり過ごす平日の昼間。GWに部屋のレイアウトを変えるまでは、ベビーベッドではもう長時間過ごせない赤子がぐずぐずと泣き出し、それを抱っこしたり、そのへんの床に転がしたり(これだとすぐに捕まえに行かないといけない)、ベビー…

忍び寄るコロナ

長男が幼稚園の間、次男を一時保育に預けて臨時のお仕事へ。 長男も小さい頃から一時保育に預けてきて、これまで保育中に呼び出されたことはなかったけれど、今回風邪気味だったせいか、初めて保育中に熱が出て仕事中に電話がかかってきた。 「いま○度ですが…

4歳の母の日

連休明け。 息子が幼稚園から持ち帰ったかばんの中に、画用紙で作った赤いお花があるのがパッと目に入った。 「これなあに?」と聞いたら、息子は「あ!」と笑顔になって、お花を取り出した。 赤い紙のカーネーションは、同じく紙の花瓶に入っていて、花瓶に…

違う景色が見えてきた

GW前半は部屋の大整理。 寝返りだけであちこち移動し始めた次男のために、安全に区切られたスペースを確保しようと、引っ越して以来初の模様替えを行ったのだった。ついでに、気持ちよく晴れた朝からカーテンの洗濯。 カーテンの洗濯は、取り外していても支…

最後とは知らぬ最後

次男の誕生祝に夫の上司からもらった、秋冬用のお洋服。 ほとんどすべての服がお下がりの次男にとっては貴重な「次男専用」の服で、どんなに長男と似ていても、これを着て写っている写真は「これはふくちゃんだ」とすぐ分かるのだった。このところだんだん暑…

くるくる生活

4月は怒涛だった。何年かぶりの新しい仕事、それに伴う保育の複雑な手配、幼稚園の新年度。 保育を頼む日は、お迎えの時間がフルタイムで働くぐらいになるから、夫とお迎えのやりくりをつけたり、帰ってからバタバタとお風呂や寝る準備をしたりする。 幼稚…

思い立ったが吉日

またもや緊急事態宣言。 去年末に出されたときはそれほど街の様子も変わらなかったからか、「緊急事態宣言って結局なんだっけ?」との思いが拭えない。 灯火管制といい、無観客営業といい、今に始まったことではないけど、もう滅茶苦茶すぎて何も言う気にな…

新緑とちぎりパン

あっというまに新緑。三月に桜、四月に新緑。 明らかに季節が暦と合わなくなっていく。タンポポの綿毛を見ると、去年、入園したての幼稚園が6月まで休園になって、家とその周辺だけで過ごしていた日々を思い出す。 綿毛を見つけると手当たり次第に採って吹い…

屋根より高くないけれど

長男が生まれてから、端午の節句に何かしてあげたいなと思いつつ、何もしないまま四年が過ぎた。 最初の一、二年はどっちみちまだあまり分からないからいいものの、三歳ぐらいになるとこいのぼりも分かるので、買ってあげたいのだけれど、いかんせん昔と違っ…

十年前も同じカレーを食べていた

ずいぶん前、奈良に住む友達に、けっこう辺鄙な場所のカレー屋さんに連れて行ってもらったことがある。 「とにかく辛い」と聞いていたそのカレーは、確かに私がそれまで食べたどのカレーよりも辛く、ヒィヒィなりながら食べた。 辛くて辛くて水が欲しいのだ…

Life goes on

新年度が始まった。数年ぶりに、新しい仕事を始めた。 行くのは週に一度だけだけど。久しぶりの新しい環境に、気を張り続けて一瞬頭痛が出かけたけれど、痛みが本格化しないうちに終わりの時間となって、ひとまず初日は無事終了。 あぁ~、久しぶりだな、こ…

早春富山旅④

三日目(最終日)は、ほぼ帰るだけの日。 朝食も一番遅い時間にしてあったので、朝から長男を連れて大浴場へ朝風呂に向かった。 長男、「おっきいおふろ、いきたいねぇ~」と言っていた割に、お湯が熱かったのか露天風呂は完全にスルーで、ママはがっかりだ…

早春富山旅③

水族館からまた別のコミュニティバスに乗り、お隣の滑川市にあるホタルイカミュージアムへ。 夫が見つけてきた、この時期だけのイベント「ホタルイカの発光ライブショー」があるのだ。着いたところで、まずは遅めのお昼ごはんで腹ごしらえ。 この時期限定の…

早春富山旅②

朝食後、旅館の送迎バスに乗って魚津駅へ。魚津はあるモノで有名な町らしく、あちこちでそれが推されている。このあと乗る予定の地元のコミュニティバスを見ていたら、運転手さんが「これ、魚津のキャラクター。ミラたんっていうの」と教えてくれた。曰く「…

早春富山旅①

初めての北陸新幹線。 電車好きの息子を新幹線に乗せてあげるのも、旅の目的のひとつだった。ヘビ顔の「はくたか」に乗って、一路富山へ。 ちょうどお昼時だったので、東京駅でお弁当を買って乗り込んだ。夫は鮭ハラス入り、私はあさりのしぐれ煮入りの、ど…