おでかけ

半地下の家族

午前中に長い長い病院の受診を済ませたあと、せっかくのひとり休日なので、話題の映画を観に行くことに。 その前に腹ごしらえ...と、久しぶりのカフェへ。丁寧に作られた定食や、古い家具で落ち着いた雰囲気の店内が人気で、いつ行っても女性客で満席のお店…

夕陽の家

週末は、夫の元同僚夫婦の家へ。数年前に購入したという一戸建てのおうちは、広々として、もうすぐ一歳になる赤ちゃんも存分に歩き回れそうだった。 私たちが来る前日に出したという、30ウン年モノのお雛様も。もう少し行けば茨城に入ろうかというそのエリア…

「つづく」展 again

2月の初め、姉が東京に来た。 一番の目的は、会期終了間際の「つづく」展。 私は始まってまだ間もない頃に行ったけれど、もう一度行っても全然いいなと思っていたので、気の合う姉が来るのをこれ幸いと、11月以来の清澄白河へ出かけたのだった。会期終了が近…

年の瀬ムーミン

このところ、夫の長期休暇にレンタカーを借りて日帰りでどこかに行く、というのが流行っている。 年末にもそんな話になり、車で行く価値や時間内に帰って来られる距離などを勘案した結果、行き先は昨年3月にオープンした、飯能のムーミンパークに決まった。 …

初寺詣で

夫の正月休み最終日、ふと思い立った夫の提案で、初詣へ。三年前だったかに厄祓いをしたお寺に、お札を返したいという夫に、「え?初詣って神社に行くもんじゃないの?」とびっくりした。 「どっちでもいいんだよ」という夫の言葉がいまいち信じきれず、すぐ…

令和元年の大晦日

近くのスーパー銭湯に来ている。息子は夫に任せ、久しぶりに一人で大きなお風呂でゆっくり。 いったい何年ぶりかしら。露天風呂で聞こえてくる会話は、木下優樹菜のタピオカ屋騒動&離婚について。 平和だ...。お風呂上がり、やっぱりここはフルーツ牛乳でし…

ドーナツとクリスマス

3ファミリーが集うクリスマスパーティーへ。子が同い年、親も皆同年代という、この年になるとなかなかない奇跡の3ファミリー。 しかも全員飲めるクチ。 楽しくないわけがない。 持ち寄りの品はすべてお酒に合うものばかりで、大人はちびちび飲み続け、3歳に…

高濃度ミナペルホネンDAY

東京都現代美術館で先日始まったミナペルホネンの展覧会。 会期は2月までと長いけれど、行けるときに確実に行っておかないとなんだかんだで行けなくなることがけっこうあるので、夫が休みだった平日を狙って一人でいざ出かけたのだった。そうしたらちょうど…

沖縄旅行記⑤(三日目 最終日)

最後の日は、お昼過ぎの飛行機までがフリータイム。 さすがに疲れも溜まっていたので、ゆっくり寝てゆっくりチェックアウト、ちょっと早めのお昼ごはんからのスタートとなった。海が見える高台の人気店でランチ。あと一、二ヶ所回れそうだったので、「熱帯魚…

沖縄旅行記④(二日目 後半)

朝から早起きしてビュッフェ、マイクロバスと船に揺られて島へ渡り、海辺で一時間半遊ぶという、普段の生活の数倍アクティブな二日目。 午後も主なイベントがあるので、お昼ごはんを食べた後、大人も子どもも一時間のお昼寝タイムを挟むことにした。空調の効…

沖縄旅行記③(二日目 前半)

この日はメインの日。朝ごはんビュッフェのシャンパンを飲みたいがために昨日の久米仙を我慢した夫は、朝から思う存分シャンパンを堪能していた。久米島といえば、一番有名なのが「はての浜」。 砂だけでできたそれはそれはきれいな島で、島というよりは海に…

沖縄旅行記②(一日目 後半)

一日目はお昼を食べた後、島内を一周するように車でドライブ。「ミーフガー」という、いかにも子宝スポットになりそうな形の岩がある名所があったので、立ち寄ってなむなむ。 波に洗われた岩場の感じが、波照間島の「最南端の碑」のところに少し似ていた。夕…

沖縄旅行記①(一日目 前半)

結婚記念日と、その三日後にある息子誕生日のお祝いとして、夫がサプライズ企画してくれた旅行。 今年は息子が国内線無料最後の年ということで、飛行機旅となった。数日前に発生した超大型台風19号の進路を見やりつつ、出発。 二泊三日をフルに使うため、夜…

夜空を飛ぶ夢

中部国際空港のボーイングテーマパーク「FLIGHT OF DREAMS」へ。ボーイング787機がまるごと一機展示されていて、フードコートを兼ねた無料エリアと、有料エリアに分かれている。無料エリアから眺めているだけでもなかなか楽しいのだけれど、めったに来ない場…

車をフル活用した休日

お盆休み初日は、前から予定していた家の片付けと買い出し。夫実家から車を借りてきていたので、まずは車でしか行けないディスカウントスーパーへ。 「うわ!これ安い!」「ちょっと!これ見てこんなんある!」と二人で大興奮しながら隅々まで見て回る。 重…

ワースト1の宿

体力維持のため、トライアスロンに年一回出ることを目標にしている夫。 妊娠して以降はさすがに一人で行ってもらっていたものの、今年は夫たっての希望で子連れで同行することになった。 せっかくなら旅行を兼ねてということで、開催地近くの伊香保に宿をと…

週末小旅

三浦半島の先端である三崎に初めて行ったのは、確かちょうど5年前のGWだった。以来、写真を撮りにもう一度ゆっくり行きたいなぁと思っていた。 同じく三崎に行きたい仲間と一年前から調整を重ね(スケジュール合わせに加えて、気候天候もあり)、ようやくち…

都会の異世界

梅雨入り前に子どもたちを連れてお外遊びを、ということで新宿御苑へ。5月で30℃超え。 どうなることかと思ったけれど、御苑は木のあるエリアが多くて、湿気の低い今の季節なら意外に大丈夫だった。苑内を巡っていたら、突如、ジブリの世界に迷い込んだような…

西伊豆旅行紀(後半)

旅行二日目の朝は快晴。でも風が強かったようで、予定していた堂ヶ島洞窟めぐりは、船が欠航していることが判明。 せっかくなので陸からだけでも景色を見ることにして、ひとまず堂ヶ島方面へ。途中の恋人岬。 カップルで書く絵馬とか、鐘を鳴らすスポットと…

西伊豆旅行紀(前半)

西伊豆へ、十ヶ月ぶりくらいの家族旅行。 レンタカーを借りて行くので、車ならではのエリアに行きたいという私の希望で、東でも中でもなく西伊豆になった。高速を降りて、まずは沼津漁港へ。 最終日だけどGWとあって、まずまずの賑わいだった。 しらす好きの…

駆け抜けたゴールデンウィーク

今年のGWは、例年になく出ずっぱりの10連休だった。前半は息子と二人、新幹線に乗って姉の家へ。 帰ってきた翌日から、一年に一度会えるくらいの友達が、新幹線に乗ってうちへ三日間遊びに来てくれた。渋谷ヒカリエで待ち合わせ、まずは友達念願のスナ・フジ…

令和初日のお狐さま

GW前半は姉の家へ。 平成から令和への年明けは、姉の家で迎えたのだった。令和初日、たまたま前から行きたいと思っていたお稲荷さんまで足を延ばすことに。令和元日(?)の御朱印をもらう長蛇の列を横目に奥へ奥へとお詣りすると、そこは、京都の化野念仏寺…

ママを楽しむ

久々の大都会、六本木。息子と同学年の子どもたち&ママで、「ムーミン展」を見に行ったのだった。都心で働いていた頃はいつでも行ける気軽さがあったのに、動き回る子連れ&大荷物で、電車とバスを乗り継いで...となると、すっかり足が遠のいてしまっていた。…

気淑風和(きよくかぜやはらぎ)

日曜日、絶好のお花見日和。 あたたかく、風もなく、花もまだ半分以上咲いている中での、今年のメインお花見だった。知り合った当時ほとんどが独身だった、写真仲間とのお花見。 私も含め、夫や妻、子どもができた人が少しずつ増えてきて、家族連れ含め20人…

リス音頭

「リスの小径」30周年記念のイベントをしているというので、週末は井の頭公園へ。フェイスペインティングで 息子はリスの顔になり(字余り)。 ノリノリで 夫は井の頭音頭(五七五ぴったり)。園内の桜はちょうど見頃で、ザ・行楽な一日だった。

ホームパーティーの思い出

同い年の子どもを持つ三家族で、ファミリー新年会。 なんだかんだで2月になり、節分も兼ねた賑やかなイベントになった。ホスト宅で用意してくれた豪華手巻き寿司や、持ち寄りのお料理。子どもたちには、刺身以外の具が別に準備されていて、至れり尽くせり。…

大晦日、海を渡る

関西から愛知・静岡方面へ向かうのに、通常は名古屋を経由するルートを使うと思う。 だけど、実は伊勢湾をフェリーで渡るというマイナーなルートがあって、 それを思いついたとき、パズルの最後のピースをはめるように、帰省を兼ねた今回の旅の行程が完成し…

年末、大阪あべの橋

帰省の途中に立ち寄った天王寺。 風もなく晴れている日で、ちょっと時間があったので、高い所好きの夫が前から行きたがっていたあべのハルカスに上ってみることにした。以前一度私だけが来たときも、A~Eだかに分けられた天気の、「AA」という最高コンディシ…

西へ

2歳になった息子を連れて、ひと足先に帰省。今回は新築した親友宅へのお泊まりが半分メイン。 新幹線まで一時間、新幹線二時間ちょい、親友宅まで一時間の長旅だ。 息子を連れてここまで長い電車移動は初めてだったので、あの手この手は用意しつつ、どうなる…

東京っぽいこと

冷え込んだ曇り空の日。 抽選で申し込んでいた「ワンワンとの撮影会」のため、家族で初めて渋谷のNHKスタジオパークへ。Eテレの子ども番組「いないいないばぁっ!」のメインキャラクター「ワンワン」と、ワンショットだけ写真が撮れる!という撮影会なのだっ…