妊娠・出産

出産ふりかえり 産後5日(退院)

退院の日。 外は朝から快晴で、気温を確かめるために窓を細く開けたら、開けた途端ムワッとした熱気が入ってくるほどの猛暑だった。最後の朝ごはん。 入院したその日の朝ごはんから病院で食べたから、五泊六日の入院で、おやつも入れて21食を食べたことにな…

出産ふりかえり 産後4日(お祝い膳)

産後4日目は退院前日。 この日は入院中最も忙しい日で、退院前の母体診察やら退院後の生活指導、赤子の健康状態チェックやら何やらがあり、夕食にはお祝い膳が出される。 赤子の黄疸治療は無事に進んで、母子同時に退院できそうな見通しとなった。今回の出産…

出産ふりかえり 産後2日・3日(搾乳の日々)

産後2日目の昼ごはんは、入院中で(お祝い膳を除いて)一番美味しかった韓国ごはん。その日の夕方、赤ちゃんが黄疸で入院治療することになった。 直接授乳できないので、母乳の分泌を維持するため、3時間ごとに搾乳して入院病棟に届けなければならない。 一…

100年ぶりに外に出た

やっと、産後1ヶ月。 夫の「ちょっと一人で出てきたら」という計らいもあり、試しに一人ランチに行ってみることにした。試しに、というのは、一人で外出 vs 授乳の時間や昼間の睡眠時間確保と、どちらが楽になるのか分からないから。 2,3時間おきに授乳しな…

9月の空、朝のルーティーン

真夏の盛りの出産から4週間が経った。 あんなにあんなに暑かった日々もいつのまにか牙を抜かれて、雲が秋の形になった。寝たのか寝ていないのか分からない3時間毎授乳の夜を経て、毎朝6時に起きる。 3時間毎とはよく言うけれど、ミルクや搾乳を足すときはゲ…

出産ふりかえり 産後0日(お産のあと)

無痛分娩でない普通の分娩は今回が初めてだったけれど、本格的に陣痛の波が来たとき、正直「しまった、今回も無痛にすれば良かった...」と後悔していた。子どもの頃のある経験を思い出す。 遊園地でジェットコースター好きの姉と父に「ここのは怖くないから…

出産ふりかえり 産後0日(お産まで)

最後の検診が終わった日の夜のこと。ぐっすり寝ていた丑三つ時に、お腹の違和感で目が覚めた。 陣痛かどうか分からなかったけれど、とりあえず妊娠出産アプリの「陣痛カウンター」に記録。 次にまた来たら時間間隔を確認しようと思っているうちに寝てしまっ…

ゆっくりと動き出す日々

幼稚園の二学期が始まった。 家から5分の園バスのバス停まで、初めての赤子連れで外出。 あんなに猛暑だった8月がいつしか終わって、気温がだいぶ和らいでいる。 気がついたら、家の外に出るのは退院の日以来、約二週間ぶりだった。一学期はコロナ対策でバ…

長かった8月が終わる

退院後、姉が手伝いに来てくれた2,3日を経て、家族4人の生活が始まって一週間。 毎日毎日、本当にその日のことだけしか考えられない、その日暮らしの生活でなんとか一週間が過ぎた。食事は、冷凍食品、出産前に買っておいたホットクック(先に買っておいて本…

成就

独身時代に旅行した長野の松本で見かけて、その可愛さに思わず買った「松本だるま」。 眉毛とほっぺ(頬ひげ?)が特徴の、とても可愛い顔をしている。結婚してしばらくして、初めての子どもが産まれた後、ふと思いついて片目を入れた。 もう片方の目は、も…

Welcome to the new world!

予定日を一週間近く過ぎた最後の検診の日になっても、まだ出てくる気配のなかった我が子。 その夜陣痛が来て、来たと思ったら既に5分間隔を切っていて、病院に着いたら一時間強のスピード出産だった。 本当にギリギリまでお腹にいる子だった(笑)新しい世界へ…

検診ラスト

昨日の夕暮れ。東の空はピンクで、西の空は水色だった。最後の妊婦検診が終わって、このまま陣痛が来なければ、来週には計画入院となった。 陣痛は来ないけど、赤ちゃんは元気で、子宮口も順調に開いてきている様子。息子と同い年のお友達のママが、タイムリ…

ひとりっこ時代最後のデート?

絶対に予定日より早く産まれるだろうと思っていた二人目だけれど、一向に出てくる気配がない。 正確に言うと、出てくる兆候はそこそこあるのに陣痛が来ない。予定日前の2,3日、夫が休めないので義母に来てもらうことになっていた。 その頃にはもう私は入院し…

こども服の魔力

とうとう梅雨が明けた。 本当に久しぶりに見た、文句なしの太陽。夏の陽射し。出産までにもう間に合わないかと思った産着の水通しを、午前中からせっせとした。 一人目の肌着で十分かとも思ったけれど、やっぱり秋生まれの肌着は少し分厚くて、何枚か真夏用…

まだ産まれない

予定日まで二週間を切ったけれど、産まれる気配はまだない。 というか、お腹は十分に重いし苦しいし、しょっちゅう下腹を押されてウッとなるので、自分では産まれそうな気がしているのだけれど、検診によるとまだそこまで迫ってはいない様子。一人目のときは…

産前産後シフト

妊婦生活もいよいよ正産期(いつ産まれてもいい時期)に入った。 お産に上の子を連れて行けない病院なので、いつ来るか分からない陣痛に備え、息子を一人で見る時間がないように組んだ緻密な産前産後シフトがついに始まった。幼稚園の預かり保育(平日)、自…

可愛い布だとやる気が出る

裁縫道具が収まったところで、急ぎ作りたかったものがあった。ひとつは、息子のランチョンマット。 コロナ対策で幼稚園のランチタイムにアクリル板を使用することになったということで、もともと作っておいたものに加え、アクリル板に干渉しないよう、少し小…

凄腕の助手が来た

妊娠9ヶ月に入ったあたりから、夕飯作りが本気で大変になってきた。 とにかく、しばらく立ったままでいるとお腹が張ってくる。 お腹が張ったときは安静にして休む、というのが一番の対処方法なのでそうするのだけれど、5分立っては10分休む、みたいなことを…

母子手帳カバー

妊婦検診に毎回持っていく母子手帳。 産まれた後は、母子手帳に加えていくつかの病院の診察券、乳幼児医療証、お薬手帳、定期検診のお約束表などなど、一人の子どもに対してたくさんの医療関係のものを持ち歩かなくてはいけなくなる。それらをひとつにまとめ…

妊婦検診@8ヶ月

妊娠後期に入り、二週間ごとになってきた妊婦検診へ。今回は、もう何度目なの...という、妊娠糖尿病の検査も。 息子のときも、何度も引っ掛かっては検査の結果セーフ、というのが続いたけれど、やはり今回も同様だった。 食べたものが尿糖になりやすい体質の…

真夜中の産科病棟

風呂場での恐ろしい転倒事故の後、しばらくして幸い胎動は確認できた。 それでひとまずホッとして、その後はとにかく折れた前歯のショックで呆然。しかし寝ようとした段になってふと、「今は胎動があっても、お腹の中で何か異変が起こっていないとは限らない…

外に行くと元気が出る

三週間ぶりの妊婦検診へ。既に夏のような日射しの中をてくてく歩く。 運動不足の身重にはそれだけで十分運動になって、ふぅふぅ言いながらも体は清々しかった。恒例の、検診ついでのランチ。 今回は、前に住んでいた家の近くで時々行っていた、カジュアルな…

コロナが終わったらしたいこと

晴れた日には、少しの時間ではあるけれど、息子を連れて外に出る。 公園に行くときもあるけれど、たいていはマンションの敷地内で走り回ったり、草花を摘んだり。 妊娠生活も7ヶ月に入り、息子を追いかけたりつかまえたりするのが大変になってきたので、ベ…

妊婦検診@7ヶ月

4月になってから産科に行く回数が増えている。 通常の妊婦検診に加え、血糖値が引っ掛かり、その検査の日が追加されたのだ。 結果は大丈夫だったけれど、どうも血糖値が高くなりやすい体質のよう。4月から産科の医師が入れ替わったようで、3月まで毎回診ても…

戌の日

息子のときには行かなかった、戌の日のお詣り。 最後の妊婦生活を楽しむ一環としていろんな儀式もやっておこうと、前から行ってみたかった水天宮へ行くことにした。水天宮の駅で降りたこと自体初めてで、突如現れた近代的な神社にびっくり。 ベビーカー置き…

つわりのときに食べたもの

息子のときにはほとんどなかったと言っていいつわり。 今回は、妊娠が分かった頃から一般に収まってくるとされる頃まで一ヶ月間、船酔いのときの胃みたいな状態が一日中続いた。 忘れていられるのは寝ている間だけ。 それも、体勢を工夫しないと胃がもたれて…

relive the pregnant days

コウノトリを待つこと約三年。 もうかなり難しいだろうなと思っていた矢先に、奇跡の授かりが起きたのだった。初期流産が起こりやすいとされる12週が終わるまでの、長かったこと。 妊娠初期というのは、不安定な割に検診の頻度は月に一回と少ない。 それは、…