子育て

つゆだく

長男を幼稚園に見送った後、数時間のフリータイム。春は花粉症、夏は猛暑、でなかなか出かける気にならない私にとって、そろそろ一番お出かけしやすい季節がやってきた。 長男が今の次男くらいのときはよく児童館に連れて行っていたのだけれど、このご時世、…

育児ワークショップ

キンモクセイが香っている。例年よりずいぶん早い気がする。 去年も少し早いなと思った記憶があるけれど。 季節がどんどん前倒しになってきている。ずっとやらなくちゃやらなくちゃと思っていた幼稚園の雑巾作りを、ついに決行した。 去年はIKEAで3枚一組ぐ…

ほっかいどうのおかし

大好きな六花亭が、お得な送料でお菓子の詰め合わせを送ってくれると知ったのは7月のこと。 ちょうどその7月のセットに保冷バッグのおまけがついてくるというので、これは!といそいそ申し込んだ。ただし大人気で届くのは9月。 その、待ちに待った保冷バッグ…

尊い日常

長い夏休みが終わり、長男を見送って次男とまったり過ごす午前中が戻ってきた。 バス停から帰ると次男に離乳食を作って食べさせ、おなかが満たされてご機嫌になった次男を赤ちゃんコーナーに転がし、私はカフェオレを飲んでひと息。 朝つけたチャンネルのま…

去りゆく8月

なかなか出かけられず、どうなることかと思った夏休みもついに最終日。 ちょこちょこ近場に出かけたり、家でシャボン玉をしたり、たまった録画を一緒に見まくったり、幼稚園の夏期保育を利用したりして、意外となんとかなった...というのが最終日の感想。明…

Happy first birthday

真夏の出産から、一年が経った。丑三つ時に陣痛が来たあの日のこと、まだまだ鮮明に覚えている。 coffeesofa.hatenablog.com初めての出産よりも、二人目の出産の方がより詳しく覚えているのは、直近の記憶だからというばかりでもない気がしている。 一人目の…

midsummer night

コロナ生活になってから飲食店のテイクアウトがかなり充実してきたけれど、あまり利用することのなかった我が家。 同じメニューならお店で食べたいし、お店で食べられないなら近所のスーパーやお惣菜屋さんでいいか、となるのでなかなか利用機会がなかったの…

childhood

夫のお盆休みが始まった。 期間は一週間。 今年は遠出しないとはいえ、やっぱり夫がいると大人の手が増えて楽だし、子どもは子どもで遊んでもらえて嬉しいしで、ようやく寛いだ「ザ・夏休み」という感じがしてきた。お盆休み最初のイベントは、仲良し家族と…

夏の日、美容院デート

所用で朝から電車。 下りの各停はとても空いていて、車内が夏の光だった。午前中に用事を済ませ、いったん帰宅したあと、在宅仕事の夫のために、夏休み中の長男を外に連れ出すことにした。 まずは一緒に美容院に行って、かなり伸びた髪の毛をカット。 ここ一…

あっという間に帰ってくる

幼稚園は夏休みに入ったものの、7月いっぱいは希望者だけの夏休み保育。 行き帰りのバスもちゃんと運行してくれていて、ありがたいことこのうえない。とは言え、午前だけの保育。 長男を送り出して、次男にごはんを食べさせ、朝ごはんの片付けをして洗濯を2…

廻る夏休み初日

夏休みが始まった。去年は5月末までコロナ休園の代わりに夏休みに入るのが遅かったし、入ったら入ったで出産時期と重なって、入れ替わり立ち替わり身内に来てもらったりしていたから、幼稚園に入ってから初めての家族だけでの夏休み。 本当なら帰省とか旅行…

電車でGO

久しぶりに夫と私どちらにも予定がなかった週末、子どもたちが楽しめるどこかに行こうという計画が急遽持ち上がった。 本当は屋外の近場を予定していたのだけれど、あいにくの雨予報。 郊外方面で、どこか屋内で遊べるところ...ということで、前から一度行っ…

4歳のボキャブラリー

最近の長男の記録。去年は触れもできなかっただんご虫に、今年はハマっている模様。 梅雨時はそのへんにうじゃうじゃいるから、見つけるたんびに「あ、だんごむし!あ!ここにも!」と、バス停までの道が全然進まない。 先日は「ねぇ、○○くん、だんごむしい…

家族の風景

幼稚園バス停の行き帰りに通る道に、大きな枇杷の木がある。すごくたくさん実がなる木で、これが枇杷の木であることに去年気づいて以来、とりたいなぁと思い続けているのだけれど、とるには枝が高すぎる。 毎日長男と見上げては「とりたいねぇ。とれないねぇ…

つかまり立ちはじめました

9ヶ月の次男、ハイハイコーナーを作ったらすぐにハイハイを始めた。 と思ったら、そこから2週間でもうつかまり立ち。それも、最初のグラグラした状態から、一日しないうちに急にしっかりしたつかまり立ちになったからびっくり。 前日の夜遅くに、ベビーベ…

入園して一年

年中になった長男の個人面談があった。年少のときの担任二人のうち一人が今年も受け持ってくれているので、去年からの成長をいろいろと教えてくれた。 去年指摘された課題(自分の思い通りにいかなかったときの行動)が改善されて、「すごく成長しました」と…

ハイハイしそうでまだしない

久しぶりに、赤子とゆっくり過ごす平日の昼間。GWに部屋のレイアウトを変えるまでは、ベビーベッドではもう長時間過ごせない赤子がぐずぐずと泣き出し、それを抱っこしたり、そのへんの床に転がしたり(これだとすぐに捕まえに行かないといけない)、ベビー…

4歳の母の日

連休明け。 息子が幼稚園から持ち帰ったかばんの中に、画用紙で作った赤いお花があるのがパッと目に入った。 「これなあに?」と聞いたら、息子は「あ!」と笑顔になって、お花を取り出した。 赤い紙のカーネーションは、同じく紙の花瓶に入っていて、花瓶に…

最後とは知らぬ最後

次男の誕生祝に夫の上司からもらった、秋冬用のお洋服。 ほとんどすべての服がお下がりの次男にとっては貴重な「次男専用」の服で、どんなに長男と似ていても、これを着て写っている写真は「これはふくちゃんだ」とすぐ分かるのだった。このところだんだん暑…

くるくる生活

4月は怒涛だった。何年かぶりの新しい仕事、それに伴う保育の複雑な手配、幼稚園の新年度。 保育を頼む日は、お迎えの時間がフルタイムで働くぐらいになるから、夫とお迎えのやりくりをつけたり、帰ってからバタバタとお風呂や寝る準備をしたりする。 幼稚…

新緑とちぎりパン

あっというまに新緑。三月に桜、四月に新緑。 明らかに季節が暦と合わなくなっていく。タンポポの綿毛を見ると、去年、入園したての幼稚園が6月まで休園になって、家とその周辺だけで過ごしていた日々を思い出す。 綿毛を見つけると手当たり次第に採って吹い…

屋根より高くないけれど

長男が生まれてから、端午の節句に何かしてあげたいなと思いつつ、何もしないまま四年が過ぎた。 最初の一、二年はどっちみちまだあまり分からないからいいものの、三歳ぐらいになるとこいのぼりも分かるので、買ってあげたいのだけれど、いかんせん昔と違っ…

早春富山旅①

初めての北陸新幹線。 電車好きの息子を新幹線に乗せてあげるのも、旅の目的のひとつだった。ヘビ顔の「はくたか」に乗って、一路富山へ。 ちょうどお昼時だったので、東京駅でお弁当を買って乗り込んだ。夫は鮭ハラス入り、私はあさりのしぐれ煮入りの、ど…

小さな卒業

長男がまだ0歳の頃、時々行く児童館があった。 引っ越してからは少し遠くなってあまり行かなくなったのだけれど、年少さんまでという年齢制限があり、4月になるともう行けなくなってしまうので、最後の思い出として、春休みに入ったばかりの長男を連れて出か…

BROTHERS

次男の歯が生えてきた。 そのことに最初に気づいたのは、なんと長男だった。「ママー!ふくちゃんのおくちのなかに、しろいやつがでてきてる!」 なになに、何の話だ? 急いで長男について行くと、「ほら、ここ!は、みたいなやつ!」と次男の口の中を指差す…

4歳とプチデート

2月後半から怪しい症状が出始めた長男の花粉症検査をするため、家にいた夫に次男を任せ、幼稚園お迎えから小児科に直行。 結局、今年はまだ検査はせず薬だけ出してもらうことになったので、予告していたチックン(血液検査)はせず。 チックン後のごほうびに…

血豆事件

長男が幼稚園に行っている間に、次男の6,7ヵ月健診を無事終了。 なんだか急にお腹が空いて、早めのお昼ごはんにすることにした。健診帰りに買ってきたスーパーのお惣菜をササッと食べ終わった直後、舌の脇に違和感を感じた。 何かがくっついているけど、ちょ…

逃げる2月

2月最後の登園日、息子が持ち帰ってきた製作物。「ママに、プレゼントだよ。おだいりさまと、おひなさま!」 バスを降りて手を繋ぐひまさえもどかしそうに、持ち帰りの袋をパカッと開けて見せるのだった。あっという間に過ぎ去っていく、2月。

バレバレバレンタイン

今年は日曜日だったバレンタインデー。 毎年何か用意するわけではないけど、今年は息子も4歳でだいぶ物心がついてきているし、幼稚園もお休みの日なので、遊びがてら一緒にチョコレートケーキを作ってみることにした。いつも行くスーパーで前もって手作りキ…

ゆきのひ、ココア

そろそろ園バスのお迎えの時間。 しばらく前から雨が降り始めた音がしていた。 場合によってはレインコートを持ってお迎えに行かないとな、どのくらい降っているか見てみようと窓を開けたら、まさかの雪になっていた。レインコートを持って、バスのお迎えへ…