半地下の家族

午前中に長い長い病院の受診を済ませたあと、せっかくのひとり休日なので、話題の映画を観に行くことに。
その前に腹ごしらえ...と、久しぶりのカフェへ。

f:id:coffeesofa:20200221114903j:plain

丁寧に作られた定食や、古い家具で落ち着いた雰囲気の店内が人気で、いつ行っても女性客で満席のお店だけれど、前回も今回も30分ぐらい待つ羽目になったので、さすがにしばらくはもういいかな...と思った。
ごはんは相変わらず美味しかったけど。

慌ただしく食べ終えて、開始時間ギリギリに映画館に到着。
前もってネットで買っておいたチケットを発券して席に着いたら、すぐにNo more映画泥棒が始まったのだった。

映画の前のCMと言えば、いまだに昔の大阪梅田の映画館を思い出す。
満席の大画面で流れる、居酒屋「やぐら茶屋」のCM。
平成10年代に入ってもまだ昭和50-60年ぐらいの粗いフィルムで、バブル期真っ盛りの化粧&服装をしたOLとサラリーマンが「ウッキッウッキットーキン♪」してる場面を、何百人で見させられる居たたまれなさといったら...。

あれに比べたら、No more映画泥棒はまだかわいい...といつも思うのだった。

さてさて、今回観てきたのは、今年のアカデミー賞受賞作。

f:id:coffeesofa:20200221115841j:plain

「韓国の格差社会を描いた...」ぐらいの情報しか知らずに行ったら、予想外のハラハラ場面続出の映画だった。
心臓に悪い...。
でも、おもしろかった。
上映中だから詳しくは書かないけど、お金持ちの奥さまがめちゃくちゃ可愛くて、それだけで得した気分になった。
あと、ところどころ韓国語が日本語に聞こえた場面があって、不思議。
似ている単語がけっこうあるんだろうなぁ。

見終わったあと、ジャージャー麺が食べたくなった。

スギ花粉はじめました

先週末から怪しいと思っていたスギ花粉が、今週になってドカンと来た。

 

都内で急に花粉が増えた日だった、というニュースを知ったのは夜になってから。

朝から一日外出しなければならなかったその日は、昼頃からもう鼻も目もヤバくなってきていたけど、用事と用事の間にお昼は食べなくてはならないので、このあいだ麻婆麺を食べたくなって出かけた中華料理屋へ向かったのだった。

麻婆麺欲 - 珈琲とsofaのあるところ

 麻婆麺と最後まで迷いに迷って、今度はもやしそばに。

これも熱々で美味しいのだ。

 

f:id:coffeesofa:20200220124757j:plain

 

しっかり腹ごしらえをした後は、役所関係の用事があったので、急いで地元の駅に戻った。

役所でちょっと長めの用事を済ませて外に出たら、もう春の夕暮れ前。

 

 

f:id:coffeesofa:20200220133707j:plain

 

 

風は強く空気は冷たく、だけど確実に春の(花粉の)気配がする。

こういうふとした景色が、後々になって思い出されたりするよな...と思いながら、家路を急いだ春の夕方。

夕陽の家

週末は、夫の元同僚夫婦の家へ。

数年前に購入したという一戸建てのおうちは、広々として、もうすぐ一歳になる赤ちゃんも存分に歩き回れそうだった。
私たちが来る前日に出したという、30ウン年モノのお雛様も。

f:id:coffeesofa:20200211130028j:plain

もう少し行けば茨城に入ろうかというそのエリアは、関西出身の私には全く馴染みがない土地で、こんな機会でもなければ訪れることもない。
降り立った駅には、東京とはまた違う、冷たくて乾いた強い風が吹いていて、あぁなんだろう、この風は今まで訪れたどことも違う、強いて言えば「北関東」って感じがする、と思った。

さびれ気味の小さな飲み屋街を抜け、しばらく歩くと校庭の広い小学校、そして新興住宅地。
東西の道沿いに並ぶ家のひとつが元同僚の家で、夕方になるときれいな夕陽が家の前を照らす。
子どもの名前は、その夕陽の色にちなんで付けられたのだと聞いて、そこに根差して暮らしていた、夫婦だけの何年間かの生活を想った。
毎日夕陽を見ながら帰ってくる、二人だけのつつましやかな生活を。

f:id:coffeesofa:20200211130135j:plain

帰りの電車からは、きれいな夕焼けと(写ってないけど)富士山のシルエットがくっきり見えた。
広い平野が延々と広がる、関東の風景。

「つづく」展 again

2月の初め、姉が東京に来た。
一番の目的は、会期終了間際の「つづく」展。
私は始まってまだ間もない頃に行ったけれど、もう一度行っても全然いいなと思っていたので、気の合う姉が来るのをこれ幸いと、11月以来の清澄白河へ出かけたのだった。

f:id:coffeesofa:20200210232448j:plain

会期終了が近いせいか、平日昼間だったにもかかわらず、意外なほどの人出で、チケット売り場も大行列。

入ってしまえばゆっくり見られたけれど、やはり行きたい展覧会は会期早めに行っておくに限るのだな。

f:id:coffeesofa:20200210235525j:plain

あれが着たい、この生地がたまらんとキャイキヤイ言いながら回る2回目は、一人で回った1回目とはまた違う楽しさで、美術館ってやっぱり気の合う人と来るべきだよなぁと思うのだった。

f:id:coffeesofa:20200210235555j:plain

前回来たときはまだなかった壁画も登場。
これもまた、2回目来た価値があった。

今回は息子連れだったのだけれど、展覧会に入る前に、この美術館にある人気のレストラン「100本のスプーン」でランチしておいたおかげで、ベビーカーに乗せた直後にすっかりおねむになった息子は、ちょうど見終わる頃までぐっすり寝てくれて、母の思惑通りとなった。
しめしめ。

「100本のスプーン」は、キッズメニューはもちろん、離乳食メニューもあるとかで、子連れママに大人気。
しかも料理がちゃんと全部美味しくて、空間も広々、ここに来るだけでもいいなぁと思えるレストランだった。

f:id:coffeesofa:20200210235627j:plain

品川駅大混乱

東京に遊びに来ていた姉&甥っこと過ごした後、二人を見送りがてら、品川駅前の「つばめグリル」へ。

f:id:coffeesofa:20200205123908j:plain

一年以上ぶりぐらいに食べたけど、つばめ風ハンブルクステーキ、やっぱりほんとに美味しい...。

つばめグリル前でふと空を見上げると、巨大な旅客機がビルの間に見えてびっくり。
何かの間違いだろうかと思っていると、また5分もしないうちに別の旅客機が現れた。
あまりの大きさというか、ビルとの近さに驚いて、急いで写真を撮る。

f:id:coffeesofa:20200205123547j:plain

後で姉に言われて初めて、最近始まった羽田新ルートの飛行実験だと気がついた。
こんなビルだらけの上空を通るなんて...!
高層ビルと旅客機の図からは、どうしても、9.11を思い出さずにはいられなかった。

18時20分頃につばめグリルを出て、新幹線口へ向かおうとすると、なんだかすごい人、人、人。
帰宅ラッシュに完全にハマっちゃったなぁと思っていたけど、改札に近づくにつれ、なんだか様子がおかしい。
そこへ駅構内のアナウンスが聞こえてきて、事故で在来線のJRが運転見合せになっているということが分かった。

とにかく新幹線にたどり着かなければと、ゴロゴロを引く姉、大荷物の甥っこ、幼児連れの私、で人波を掻き分けながら縫うように新幹線口へダッシュ
なんとか発車5分前に新幹線改札に辿り着き、無事お見送りをすることができた。

問題はそこから。
JRで新宿か渋谷に出て家に帰ろうと思っていたけれど、改札外のみならず、改札内にも人がたまり始めていた。
JRの中でも山手線だけは動いているようだけれど、以前品川駅で同じように一路線しか動いていない運転見合せ状態に出くわしたことがあって、ホームへ向かう階段途中で前にも後ろにも進めなくなったことを思い出した。
大人だけでも動くのが大変だったのに、幼児を連れてその中に突入したら、改札外にすら出られなくなる可能性が高い。
そうこうするうち幼児は疲れて「抱っこ!」になるだろう...16kgと重いリュックを抱えて人波を縫う...いやいや。無理無理。

咄嗟に、さっきつばめグリル前の大きな道路を都営バスが走っていたことを思い出した。
とりあえず、バスに乗ってどこか他の駅に着けば何とかなるんじゃないか。

人波から息子を守りつつ、なんとかもう一度つばめグリル方面に戻ると、さっきよりもまたさらに人がたまり始めていて、パトカーはいるわ、タクシー乗り場は人が溢れかけてるわで、えらいことになっていた。
後で思えばまだまだ序の口だった高輪口の様子。

f:id:coffeesofa:20200205152446j:plain

本数は少ないけど新宿まで行くバスがあることが分かり、なんとなくの方向でバス停に向かったら、運良くまだ人が並び始めて間もないバス停に到着した。
もともと本数の少ないバスに、20分待ってなんとか乗り込み、座席を確保。
乗客はどんどん増え、最後は乗り切れない人が次のバスを待つ状態で出発した。
息子はバスが動き出して5分で爆睡、ようやく親子共々ひと息つけたのだった。

結局この日は予定より一時間以上帰宅が遅くなったけど、子連れで大混乱に巻き込まれなくて本当によかった。
都営バスさまさま。

むめ

梅の開花記録。

1/28朝は、まだ蕾。

f:id:coffeesofa:20200131132041j:plain

夫によると、この翌日、私が見逃していた間に開花したらしい。
去年は確か2月には入っていたと思うから、今年はやっぱり早いようだ。

1/30昼頃。

f:id:coffeesofa:20200131132320j:plain

そして今日、1/31昼頃。
どんどん開いてきた。

f:id:coffeesofa:20200131133013j:plain

「春の足音」とは言うけれど、夏の足音や秋の足音はあまり聞かない。
「冬の足音」は言うのかな?
聞いたことがあるような気もしてきた。

そろそろ私の鼻がスギ花粉を検知する頃なのだけれど、新型コロナが怖くて外出を最小限に控えているせいか、今年はまだあまり症状がない。
このまま治ってくれまいか。

ブログの日付が「2020」になっているのを見るたび、バグのような気がしてならない。
どこか非現実感のある数字。

ひとりとふたりとさんにんと

あっという間に1月も末。

逗子に住む夫の友人一家が遊びに来てくれた。
ちょうど一年前に生まれた可愛い女の子を連れて。

初めて私が会ったとき、夫の友人はまだ独身で、
次に会ったときは夫婦になっていて、奥さんのお腹の中に女の子がいたのだった。
逗子の一軒家 - 珈琲とsofaのあるところ

f:id:coffeesofa:20200130225720j:plain

普段なかなか使えないパーティ用の食器やピック、こういうときは陽の目を見て嬉しい。

今回来てくれた夫の友人夫婦は、私たちのちょうど一年後が結婚記念日だった。
今は遠くに住んでいるけれど、もうすぐ新しい家ができて、今よりは近くに引っ越してくるらしい。
新居を建てるに当たっての希望を訊いてみたら、奥さんの望みで「お庭にハンモックが吊るせる家」にしたかったのだそうだ。
遊びに行くのが楽しみ。

子どもができると、家族ぐるみのつき合いが増える。
私自身は家族ぐるみの友人つき合いがほとんどない家だったから、こういうのは新鮮だし嬉しい。